<   2008年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

佐藤正久氏、武雄に来る

d0047811_22494980.jpg
d0047811_2250354.jpg
d0047811_22501967.jpg
今朝は、恒例の楼門朝市。朝市ブログはこちら

途中で抜けて、橘町・朝日町の消防団の夏季訓練。大坪消防団長とともに出席。暑い中の訓練、頭が下がります。
d0047811_2251132.jpg

その後、区長さんたちと懇談。いのしし被害を何とかしてほしいという切実な要望に応えて、近いうちにいのしし対策会議(仮称)を設置します。

この対策会議。会議のための会議ではなくて、実効性のあるものにします。2年くらいで、全国から注目される会議となると思います。


午後から、北方公民館での自衛隊久留米音楽隊の演奏。その後、ヒゲの隊長・佐藤正久参議院議員の講演。

石丸博県議会議長・稲富正敏県議主催の恒例の市民セミナーの一環。講演をするのも、聞くのもあまり得意ではない僕が、イラク出発の日のシーンを聞いた時は、思わず、涙が。講演で涙が出たのは初めて。

政治家は「思いが強くないとダメだ。」ということを、ご自身の事例をふんだんに出しながら、言われていました。

小一時間、佐藤さんを武雄市内連れ回しましたが、以前武雄を訪れた奥様が、武雄温泉が日本で一番いい!と言われていました(これは講演でも言われましたが。)。

窯元もご案内し、すっかり武雄が気に入られたご様子。夜は、古川康佐賀県知事もお見えになり、懇談会。

楽しい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2008-08-31 23:03

武雄市民病院説明会

d0047811_22544370.jpg
今日もまた市民病院に出勤。伊藤事務長と協議。

救急車を、新しくなった救急玄関でドクター、看護師の皆さんとともに出迎え。直後にお見えになったご家族とお話をしますが、皆さん、感謝されます。

今日、市民病院待合室での一こま。

市民:(市民病院の在り方が)医師会のチラシと違うな。
樋渡:違うでしょ。

市民:市長、もっと反論せんば!
樋渡:9月議会で反論しますが、まず、市民病院を再建するのが第一。



夜は、吉川里己、山口良広両議員の主催で、北上滝で「市民病院説明会」。今日もまた、池友会の鶴崎理事長にお越しいただきました。やはり、こういった顔を突き合わせての説明会が一番です。

今週半ばの牟田副議長、松尾陽輔議員にお世話になった若木町での説明会も多かったです。

小規模のこの地区で、定員を超す80人以上の皆さんがお越しに。ありがとうございました。
d0047811_22545740.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-30 22:58

家具をプロデュース

先月かな、仕事でお隣の福岡県大川市に行った際に、川野副議長がどうしても連れて行きたいということで、西田政義さんの工房へ。場所、連絡先等はこちら

大川といえば家具。西田さんの腕もさることながら、魅了されたのは、そのお人柄。そして、工房横の工場の清潔さ。家具が何よりも好きな少年のような方でした。西田さん、どちらかといえば無口なんですが、奥様は無茶苦茶面白かったです。

その西田さんに、椅子の形をしたCDラックを作ってほしいという無茶なオーダーを出しました。自宅に合わせた家具を作りたいということで、私の自宅までわざわざお越しに。

そして、何回かやり取りをしてできたのが、このアフリカンのような、楡の木で作った、椅子のCDラック。二枚組も入るようにしてもらいました。本物の木の香りが漂います。

大満足。

今まで、ゆほほ、レモングラス(製品)やGABBA、ポスターなどをプロデュースしてきましたが、この家具をプロデュースするのはまた別の意味で、楽しかったです。

超一流の職人・西田さんが、この家具を商品として普通に売っていいか、と言われたのが、未だに嬉しい気持ちで残っています。
d0047811_23483825.jpg
d0047811_23485561.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-29 23:59

晩鐘

音楽だったり、焼き物だったり。これだけ、いろんなモノや情報が氾濫していると、何を手にとればいいのか途方にくれますが、僕は、目利きに相談します。

本大好きの50歳代の主婦さんが知り合いにいますが、この人がすごい。

歩く書評。そのもの。舌鋒鋭く本を切りまくる。

そのMさんが、生涯一の本として、「市長!読みんしゃい!」と貸してくれたのが、晩鐘。上下2冊でこれだけ厚い本は初めて。

そういえば、乃南さんは、直木賞受賞作凍える牙が掘り下げが甘く自分にはイマイチだったので期待していませんでしたが、最近読んだミャンマーが良かったので、ワクワクして借りました。


何というか、軽いし重い。乃南さんの抑えた筆致は、まるで、映画というかドラマを見るよう。あっという間に読めます。幕開けがとてもいい。

加害者の家族と被害者の家族、そして、マスコミ。らせん状に絡み合うストーリー。ちと出会いに無理があるかなという部分はあるけれども、圧倒的なドライブ感で気になりません。

モームの不朽の名作「人間の絆」に似た読後感。ただし、こちらは、昇華するのに対して、晩鐘は果てしなく落下する物語。宗教感が無い日本人が到達したストーリーと言えるのかもしれません。文庫版も出ています。

この本もまたお薦めです。Mさん、ありがとう。来週くらいに返しに行きます。
d0047811_23191859.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-28 23:25

安部潤さん

このところ、すごい方が、武雄市に訪れていただきますが、そのお一人が、安部潤さん。

MISIA、タッキー&翼、嵐、安室奈美恵、CHEMISTRYなど多数の作編曲やサウンドプロデュースを手がける一方、映画主題歌や劇伴、テレビやラジオのCM音楽など、幅広く手がけている方です。

いつぞやは、NHKの槇原敬之ライブで、キーボードを弾かれていました。


安部さん。佐賀のがばいばあちゃんの舛田さんから2年前に紹介を頂きました。腰のすごい低い方で、こちらが恐縮するほど。

安部さんは世界を股にかけておられるので、なかなかお会いする機会がありませんでしたが、わざわざ武雄市を表敬安部さんのブログはこちら。武雄を気に入っていただいているようで、とても嬉しいです。


最新作OUR PURPOSE HERE を数回聴きましたが、傑作の一作目よりも重いグルーブ感で疾走します。また、お気に入りが増えました。安部さんにしかできない音楽がここにあります。お薦めです。
d0047811_22553685.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-27 22:58

公立病院について

最近、公立病院や救急医療がドラマになったり、全国の公立病院の在り方が連日、新聞やテレビに取り上げられています。特に銚子市立総合病院の突然の休止が、公立病院の在り方の議論を加速させています。

武雄市民病院の民間移譲の責任者である私のところにも取材があります。私は、

☆問題を先送りせずに解決する必要があった、
☆厳しい環境下で、市民医療を守ることが必要、
☆特に、議会等から求められている救急医療の再開が急務、
☆医師の不足は今後も続く、
☆巨額の財政負担を回避することが必要、


などの観点から、現在、池友会とともに、24時間365日医療を開始しました。おかげさまで全体として高い評価を頂いています。


市民病院民間移譲、現在の医療内容等について、事実に反することなど、まだまだいろいろ言われていますが、私自身は、武雄市民病院が安全安心の拠点となるように努力していきたいと思っています。

そう思っているところに、先日、佐賀新聞が、県内の公立病院の特集を。読み応えがありました。

いろんな改善策があると思いますが、武雄市の場合、選定委員会、議会で議決いただいた池友会への民間移譲が地理的な条件等を見た場合に、最善な選択肢だと思っています。

各地域から説明会の開催要望が来ているので、説明会を開いていきます。
d0047811_208760.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-26 22:52

倉田市長誕生!

兵庫県三木市のスーパーブロガーの雑感日記さんが、私の高槻時代の「こちら部長室」のことを書いていただいています

高槻時代は、一公務員で、それまで自分の考えを世に出すことはなかったのですが、情報発信こそが情報収集の最善の近道と思って、自分の考えを出してきました。最初の半年は無反応でしたが、それから、かなり多くの賛成反対意見を頂きました。

恐らく、一公務員で、市の公式ホームページにじゃんじゃん意見を書いたのも、本格的なブログを持ったのは、日本で私が最初だったと思っています。

自分でも、あまり深く考えずに、どんどん思っていることを書いたのですが、初めて、「これでいいんだ!」と背中を後押しをしていただいたのが、当時、全く見ず知らずの三木市の雑感日記さんでした
d0047811_20545454.jpg


今日、何人かの市民の方から、偶然も偶然ですが、市長の高槻時代の「こちら部長室」のバックナンバーを読んでいるよ。市長の考えの原石がそこにあるね~、という意見が。

今は、正直言って、考える時間よりも、人から話を聞いて決断と行動の連続です。高槻時代やその前の沖縄時代は逆でした。あの頃は、割と時間的に余裕があったので、思索、思索の連続でした。

誰に教わったことではないんですが、物事を立体と捉えて、上下左右という異なる視点から複眼的に見ることだけは心がけていました。

30代前半。中身はともかく深く考えたことが、今の僕の行動を支えているような気がしています。


昨日、応援していた大阪府箕面市の倉田さんが、市長選に当選されました。不肖私から国定市長、そして、34歳の倉田さんが全国最年少市長。同世代の市長として、連携を深めていきたいと思っています

国定市長や僕と同じマインドを持つ倉田市長の誕生。おめでとうございます。
by fromhotelhibiscus | 2008-08-25 23:14

三根利恵子さん

今年の5月に、アメリカ・オレゴン州からこんなメールが私宛て飛び込みました。

はじめて便りをしております。

毎朝、市長さんのブログを拝見して、私の一日がはじまっています。

元気で、前向きな行動力にはいつも感激しております。

そして、写真も望郷を誘い、日本の良さをますます深く感じています。

名前は三根利恵子といいます。大町出身で現在アメリカ、オレゴン州のポートランドで日本語の教師〈小学部〉をしております。

我が校は保育園から高校まで総合一貫教育の全校700人ほどの小さな学校です。そして今年は創立50周年を迎えております。グローバルな人間を育てるべく、常に新しい教育を取りいれています。

その一貫として、海外の学校との交流そして海外でのボランティア活動が広く行われております。このたび中学では福岡への旅行が決定しました。そして今内容を検討しております。

本題にはいりますと、武雄市での2,3日のホームステイと地元中学校との交流が可能かどうかを御検討していただけないかと、御手紙をさしあげております。予定は3月の下旬です。

とても不躾とは思いましたが、ブログに連絡をさせていただきました。御返事をお待ちしております。学校のウエブサイトです。www.catlin.edu



早速返信をして、細かいところは、大庭学校教育課長のアレンジであれよあれという間に、アメリカの中高生10数名が武雄へ。さまざまな交流を計画しています。

やり取りをしている間に、三根さんはほぼ40年振りに馬渡こども部未来課長さんと再会したり、いろんなエピソードもあったようです。

ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」もそうでしたが、一通のメールから、あるいはブログから、心温まる交流につながります。そんな恵まれた時代に生きていることを実感させる西日本新聞と毎日新聞の記事でした。
d0047811_1291589.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-24 22:45

おくちにあえば、うれしいです

d0047811_2336431.jpg
今日は市民病院。あさひ保育園の起工式、市内のお祭りがいくつかといつものような週末でしたが、僕の本をプロデュースしてくれた三好洋子さんから、いつもの突然のメール。

若林さんが武雄に向かっています!


三好さんがプロデュースされた、ベストセラーの「おくちにあえば、うれしいです」若林三弥子ご一家が武雄へ。若林さん、かなりかなり素敵な方です。東京恵比寿で一回かお目にかかったことがないのですが、若林さんの料理と人柄に魅了。ご主人、息子さんも素敵な方でした。


ちょうど午後2時間空いていたので、武雄市内をご案内。レモングラス畑へ行ったら、秀島レモングラス課長が汗をふきふき作業していました。

公務員といえば仕事しないという代名詞のように語られます(もちろん、そういう人たちもいます)が、この課長や市民病院の職員のように、寝食を忘れて仕事をしている人たちもいます。

若林さんご一家には、武雄温泉もレモングラスも武雄の風景も、武雄の人もたいそう気にいっていただいたようで何よりです。

若林さんの素敵なレシピ&エッセーの本、お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2008-08-23 23:41

ご飯にはお茶、パンには牛乳

今日は久しぶりに時間があったので、プールでひと泳ぎ。ほぼ、毎日運動はしています。最近の夜は、市民病院のチラシ配り兼用のウォーキングかスイミング。格段に睡眠の質が良くなります。

運動の大切さを書こうと思っていたら、国定三条市長がまとめておられますので、市長のブログをぜひご覧ください。その中でも、米飯給食にも触れておられますが、見習うところ大でした

ちなみに、これは議会でも答えましたが、僕は、給食が嫌いでした。今思えば、ご飯と牛乳の取合せ。

しかし、これは、文部科学省が、カルシウムを取らなくてはいけないと、牛乳を飲ませるべしという基準があるようです(教育委員会に教えてもらいました。)。

牛乳の代わりに、煮干しの味噌汁や小魚を増やす、小魚の骨のふりかけでもいいと思うのですが、このご飯と牛乳の取合せは、見直す必要が大だと思っています。

これは昨日の教育懇談会でもはっきり申し上げました。「ご飯にはお茶、パンには牛乳」。これが基本と思うのですが、文部科学省の皆さん、いかがでしょうか?こういうことを、我々に任せるのが地方分権だと思っています。
d0047811_2013792.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-08-22 23:59