<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

民意

d0047811_22582628.jpg
今朝は6時起きで、福岡のTVQへ。九州けいざいNOWに生出演。今日のテーマは、地方自治体の財政改革。ゲストで呼ばれました。武雄もごたぶんに漏れず、財政危機。工夫の一端をお話ししました。


終わって、天神のナレッジネットワークへ。さが経革広場にUPされる首長インタビュー。インタビュアーはあの森戸社長。1時間以上対談。インタビューされる僕のほうが勉強に(笑)。
d0047811_22585722.jpg


終わって、福岡から由布院へ。第11回ゆふいん文化・記録映画祭(2008)に参加。この映画祭は、もともと前から注目していたので、興味津々。
d0047811_22592465.jpg

身の丈に応じた映画祭。ほのぼのとしたとてもいい雰囲気。ボランティアスタッフの多くが、由布院外の皆さんというのにとても驚きました。それだけ、由布院ファンが多いんでしょうね。武雄の皆さんも多く由布院へ。交流の輪がどんどん広がっていることを感じ、とてもとても嬉しくなりました。
d0047811_22595342.jpg
d0047811_2302070.jpg

d0047811_2304158.jpg
きっかけを作っていただいた桑野和泉さん、いつもありがとうございます。由布院を訪れるといつも元気になります。


夕方からは、西川登町の小田路ホタル祭り。話題は、市民病院の民営化。ほとんどすべての皆さんが、ケーブルワンのテレビ中継をご覧になられたようで、「早くいい病院に来てほしい。」という声。たくさんの皆さんから握手を求められました。

報道されたように、私自身へのリコールという話も持ち上がっていました。また、医師会からの抗議、市民の皆さんからの批判もありました。

確かに議会では19対9という圧倒的多数で議決を頂きましたが、市民の皆さんの反応が気になっていました。

議会を見た皆さんから、たくさんのメールも頂きましたが、概略、「市長の答弁を聞いて納得した。早く救急医療を再開してほしい。」でした。


夜は集まり。ここでも市民病院の話が。ここでは、「先送りにしない姿勢が良かった。ただし、医師会との関係を修復してほしい。」という意見が。

改めて、議会の重さ、答弁の重さ、議会中継の重さを感じました。引き続き、民意を重く受け止め、市政を展開していきたいと思いました。
by fromhotelhibiscus | 2008-05-31 23:08

市民病院民間移譲について

今晩、議会の賛成多数により、市民病院の民間移譲に関する特別措置条例等が可決され、6月2日から、全国公募が始まります。

お叱りも、また、励ましの言葉も頂きました。議員の皆さんのお言葉は真摯に受け止めたいと思います。


今後、市民病院の果たしてきた役割を維持継承・発展させるような病院のプロポーサルを期待しています。

いずれにしても、市民医療の維持向上を目指して参ります。また、一刻も早い救急告示の再開も段階的に行っていきたいと考えています。

今、ケーブルテレビで、今日の議会中継が録画放送されています。ぜひ、ご覧ください。
d0047811_23563378.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-05-30 23:59

医師会からの抗議

今日は、急遽、医師会の皆さんが私のところへお越しに。市民病院民営化に当たって議論が足りない等のご指摘、抗議を頂きました。私も市の見解、自分の考えを率直に申し上げました。その後、記者の皆さんが私を取材。別の場所で医師会の皆さんが会見。

今日の夕方テレビでも流れたそうで、明日、新聞各紙に掲載されると思います。
d0047811_2347394.jpg


市の見解は、既にビジョンで表明していますが、また、後日改めて、このブログでも、自分の見解を書きたいと思っています。

いずれにしても、新たな病院は、しっかり市民病院の果たしてきた役割、果たすべき役割をきちんの担わなければいけないと考えています。

明後日(30日)に臨時議会で、市民病院関係議案を上程しています。


明日、武雄市新幹線活用プロジェクト設立総会、記念講演会が開催されます。ぜひ、お越しください
by fromhotelhibiscus | 2008-05-28 23:59

山内町ふるさと食品研究会

今朝は、山内町戦没者追悼式に出席。そのまま、山内町で挨拶まわり。たまたま、寄ったところで、ある方が、

●昔、市長にメールを送ったことあるんですよ。
○??

●☆*の件で。
○思い出しました!!去年の今頃ですよね。



ネットの世界とリアルな世界はつながっていると実感。

文章は人を現すとありますが、文章どおりの方でした。この仕事をしていると、たくさんのメールや投書が来ます。

文章で、性別や年代、バックグラウンド、ある程度の容姿までも、分かるようになってきます。特にブログの一連の文章を読むとさらによく分かります。
d0047811_23514415.jpg


その後、山内町ふるさと食品研究会。食育という言葉が定着するはるか前から、地道な活動を展開されているグループ。和気あいあいでした。それにしても、おにぎりと餅は本当に美味しかった

午後は、杵島地区農業改良委員会。この委員会はとてもいいのです。会議の後は、地区のご自慢の産品が。武雄からはレモングラスプリンなどのレモングラス製品。他からもいろいろ出ましたが、ホワイトアスパラが取り分け印象に。

夕方は庁議。6月議案の審議。僕は庁議の主宰者ですが、ここを通らないと、議会に出せません。うちの庁議は活発な議論が展開されます。夜は打ち合わせ。長い一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2008-05-27 23:51

涙が出るほどつらくて、苦しくて、厳しくて、うれしい

今日は、三浦雄一郎さんがヒマラヤの頂上へ、というニュースが飛び込んできました

ヒマラヤの頂上付近にいる産経新聞の木村記者から感動的なメール。

樋渡様

 本日、三浦さんは無事登頂しました。好天に恵まれ、素晴らしい景色だったそうです。三浦さんたちが出発した午前0時より前から待機し、徹夜でわれわれも状況を見守りました。三浦さんは登り7時間半、下り7時間の計14時間半もきょうは行動しており、つくづくすごい体力だなと感心しています。
>


三浦さんは、後期高齢者制度が日本で問題になっていることも十分ご存じで、「私は元気高齢者だ!」とお話しされているようで、気の持ちようが並ではないと感じ入ったのですが、今日のコメント。

涙が出るほどつらくて、苦しくて、厳しくて、うれしい。

はニュースでもやってましたが、ジーンときました。

三浦雄一郎さん、心からおめでとうございます。お会いする日を心から楽しみにしています。GABBAと一緒に待っと~よ~。


それにしても、エベレスト頂上付近からメールが飛んでくるなんて、すごい時代になったものだとそっちのほうも感心しました。
d0047811_23262438.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-05-26 23:30

後期高齢者制度

後期高齢者制度については、市のHPでも概要を掲載していますが、制度開始後の混乱、厚生労働省の二転三転の説明振り。いずれにしても、天引きもそうですが、何よりも年齢で分けるのは最悪だったと思います。

はたまた、野党の無責任な後期高齢者制度の廃止法案。民主党は私の記憶では、先のマニフェストでは、高齢者医療制度の創設をうたっていたはずですが、どうなったんでしょうか?

自民党は自民党でいつもの小手先修正の模様。これだと高齢者の方の納得は得られません。


今日、たまたま、サンデープロジェクトを見ていたら、田原さんがいいことを言ってました。

今の日本は高負担・高福祉、低負担・低福祉でもない。低負担・中福祉だと。、

この差(低⇔中)が、世界一早く進む少子高齢化の影響で、巨額な財政負担を生んでいるわけです。

では、どうするか。このブログでも何回か書いていますが、私は税方式しかないと思っています。消費税を数パーセント上げることでこの問題が回避できるのであれば仕方がないと考えます。

もちろん、行政の無駄の見直し、国民の信頼回復がその前提であることは言うまでもありませんが(特に後者は難しいでしょうね。)。無駄といえば、国会議員もその対象でしょう。特に暴れん坊将軍のような参議院は必要なんでしょうか。
d0047811_1029755.jpg

詳しくは書けませんが、消費税が25%のスウェーデンのような北欧の高負担・高福祉は無理で、中負担・中福祉が日本型かもしれません。

全額税方式にすれば、今まで保険料を払った方との均衡をどうするんだという難しい問題も横たわりますが、制度はシンプルが一番です。なぜか。あまり複雑にすると、また、社会保険庁のような問題になるし、それだけコストが発生するからです。

あと、評判が悪く立ち消えになった国民総背番号制(私も元来好きではないが、アメリカでは普通)も、保険料の給付や確認のためには必要かもしれません。というのも、番号だと、氏名の勘違い、姓の変更等ないわけですから。


私としては、短期的な見直し(低所得者の減免拡大など)、中期的な見直し(税方式へ)を一緒に、国に対して要望しなくてはいけないと考えています。
by fromhotelhibiscus | 2008-05-25 20:54

読書

d0047811_1028266.jpg

今日は夜にまとまった時間がとれたので、音楽聴きながらひたすら読書。

手元にあるのが、福祉、雑誌、旅行記、エッセー、政治、対談、料理、と近頃は学生時代よりもウイングが広がったようです。

おすすめの本はまたご紹介します。
by fromhotelhibiscus | 2008-05-24 23:08

中山鉄工所にフットサル場

今日は、取り分け、各種団体の総会のオンパレード。今年は、総会や定例会に関して、「呼ばれたものは全部出る!」と意気込んでいますが、そのデメリットとしては、一つ一つに時間がそんなに割けることができないこと。このバランスがなかなか難しいなぁって思います。


明日は、晴れれば、中山鉄工所のフットサル場のお披露目。去年、武雄市はフットサル宣言(pdf)を行いましたが、ちょうど一周年の節目に当たります。

社会貢献の一つとして、前々から、中山弘志社長からお話がありましたが、本当に明日が楽しみです。こけら落とし等いろんなイベントがありますが、詳細はこちら(西日本新聞)まで
d0047811_22155698.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-05-23 22:19

ヒマラヤの風

今日は、朝打ち合わせの後、TVQの九州けいざいNOWの取材。わざわざ加地アナも。この番組は、九州経済の動向を知る上で必ずチェックします。
d0047811_22541759.jpg

今まで2回生で出ましたが、今回は行政・財政改革。

霞が関時代は3年、中央省庁の行革・再編にかかわり、2年8か月の高槻では、行革担当部長。行財政改革には裏も表もあるのがよく分かります。急進過ぎてはダメだし、緩慢過ぎてもうまくいかない。

分かりやすさ・スリム化・投資の3点が武雄行革の底には流れています。それと、番組で触れられると思いますが、明るい行革でないと、行革は続かないというコメントもしました。

5月31日(土)9時から出ますので、ご覧くださいまし。


午後から、諫早市で開催されている九州治水期成同盟連合会定期総会に出席。九州から首長、市役所の職員の皆さんたちが集合。今回、図らずも副会長になりました。
d0047811_22544840.jpg

市長やっていると肩書は分からないくらいに増えていきます。一期目の途中でこうだから、先輩首長さんたちは、もっとすごいんだろうなぁって。

一昨年の鹿児島の川内川の氾濫、昨年の熊本県美里町の大水害を始め、異常気象で水害が多発しています。武雄も例外ではありません。治水は公共事業の要だと思います。

この連合会が単に国土交通省に対する陳情の場になるのは避けないといけない。何ができるのか、考えなくてはと思いました。


産経新聞の木村記者。その木村記者。高槻時代にたったの3か月くらいでしたが、僕は広報担当の部長でもあったので、とてもお世話になりました。一言でいえば、ハートのある敏腕記者。
d0047811_22561341.jpg

今、何と、75歳の三浦雄一郎さんにくっついて、ヒマラヤのベースキャンプに。恐るべし。

木村さんの手記が面白いのでぜひご覧ください。ある意味、がばいじいちゃんの三浦さん。秋以降に武雄で講演をしていただけないかなぁって思っています。登山写真展も並行して。
by fromhotelhibiscus | 2008-05-22 22:59

治水砂防全国大会

今日は東京にいました。全国治水砂防協会定例会に出席。僕も評議員なので、雛壇へ。この定例会出席は、㈳全国治水砂防協会から費用が出されます。いまどき、太っ腹な会議があるもんだとそういう意味でびっくり。

国会議員、国土交通省の幹部、首長、県議・・・、総勢500名くらいでしょうか。何だか、一種独特のムードが。写真を撮れば良かったんですが、そういう雰囲気ではありませんでした(苦笑)。

県庁の東京事務所の人に聞いたら、昔はもっとすごかったんですよ、と。やはり公共事業費が減っているからでしょうね。

霞が関・永田町を駆け巡りましたが、話題の中心は市民病院の民間移譲のことでした。yahoo!ニュースにも出た(毎日西日本)ので、他県の皆さんもご存じでした。市民医療の維持向上を目指すためにしっかりした手順を踏んでいきたいと思っています。たくさんのメールも頂き、感謝しています。

夕方は、武雄市保育部会総会へ。今日もまた長い一日でした。飛行機の中では、本が面白すぎて、あっという間に着きました。また今度書きます。

武雄に帰ってくると落ち着きます。
d0047811_20583764.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-05-21 22:41