<   2008年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

動機

d0047811_2154043.jpg
この文庫「動機」は儲けもの。著者の世評高いクライマーズハイを読んでも、なんかくどいなぁって思っていたのですが、この本は短編の集まり。その中でも「動機」はやはり傑作。警察手帳の大量紛失の背後に息が詰まります。

「逆転の夏」は作りこんでいるきらいはあるものの、現実感がそれを覆い隠し、これも逸品。地方新聞の女性記者の話、裁判官の話、それぞれ、なかなかでした。


短編集はあまり読みませんが、大学時代、そのラストに衝撃を受けたサマーセットモームの短編集「雨・赤毛」と同じで、横山さんの作品は98%で寸止め。残りの2%は読者にゆだねるスタイルで、好感を持ちました。そして、久しぶりに時間を忘れてのめりこんだ本でした。

たまたま本屋で、見つけた本。がばい良かった。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-21 21:54

はあぁ

今朝は楼門朝市、そして、山内町の大野地区の運動会。

幸先良し。
d0047811_10311465.jpg
d0047811_10313291.jpg
d0047811_10315294.jpg

転んだ。
d0047811_10321090.jpg

はぁぁ。

気を取り直す間もなく、今度は船の原の運動会。
d0047811_10322831.jpg

小学生中学年といい競争。良かった。

気を取り直して、北方町の婦人会総会へ。
d0047811_10324582.jpg

いったん、自宅に帰り、着替えてまた外へ。いい週末をお過ごしください。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-20 10:32

山野草展へ

今日、少し時間が空いたので、文化会館で開催中の「春の山野草展示会」へ。

ようやくこの歳になって、美しいと思うようになりました。

日本くらいでしょうね。自然のというか野生の山野草を愛でるのは。

明日まで、文化会館市民ホールで開催されています。ぜひお越しください。しかし、結構な数の写真を撮りましたが、花は難しいなぁって思います。


明日は楼門朝市。晴れそうです。こちらも、ぜひ
d0047811_22492091.jpg
d0047811_22494339.jpg
d0047811_22501482.jpg

追伸)毎日新聞に、武雄たっしゃか体操 市民要望のDVD作製のお話が。これも、GABBA同様にいけます。ぜひ、手に取ってください。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-19 22:58

いしゃたおし

d0047811_233494.jpg
d0047811_2303958.jpg
今朝は部長会、庁議と続き、来客。昼は自宅に帰って、昨晩作ったドライカレー。自分で言うのもなんですが、美味しかったです。ただ、たまたま美味しく作れたからいいけれど、これがまずかったら、ずっと、我が家はこの不味いカレーに。近いうちにベネッセの料理ブログにUPします。

少し時間があったので、富津林道へ。知り合いの古老にばったり。そしたら、その古老さん。

いしゃたおしを取りんしゃい。
いしゃたわし?

いしゃたおしばい。紫の花のつくと。
はぁ。


というわけで、古老に付いて行きました。あるある。このいしゃたおし。昔、お百姓さんたちは、滋養強壮のために、この葉っぱを煎じて飲んでいたそうな。医者いらずの意味なのでしょうか。後で聞いたら、黒髪の里にも乾燥葉があるらしい。

これはあまりに苦いので、レモングラスとブレンドして、ハーブウォーターで出すことができないか、検討したいと思います。これをご覧のメーカーの皆さん、一声かけていただければありがたいです。


午後から、水道部、武雄警察。その後、佐賀県議長会にお呼ばれ。夜は懇親会。議長会、盛り上がる、盛り上がる。いい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-18 23:04

昨日に続き

食べ物のお話です。今日はベネッセの料理のブログのとり貯めもしなくてはいけないのですが、煮込み風のドライカレーに挑戦。ドライカレーは、カラカラの挽肉にカレー粉をまぶす系と、スープで煮込みながら、水分を飛ばして最終的にドライカレーにするもの系と大別されます。説明は省きますが、後者がはるかに難しいし、やりがいもあります。

どちらにしても、実はこのドライカレー、私が作る限り、今が一番美味しいのです。なぜか。

それは、玉ねぎ。新玉ねぎが出る季節。しかも、玉ねぎはお隣の白石町のもの。サラダにしても最高です。

まず、40分かけてことこと、大量の玉ねぎをあめ色になるまで、煮込みました。アジアン・カンフー・ジェネレーションの新作を聴きながら、中華鍋。まるで、初期の村上春樹の作品のようです。しかし、辛いのは、本当に美味しくなるのは一晩置いた後。今晩はガマン。
d0047811_1811981.jpg

ともあれ、旬の材料で作ると美味しい。その代表が、写真のあさりでしょう。東京時代に好きだったイタリアンのお店のシェフでは、アサリのパスタ(ボンゴレ)はこの季節しか作らないと言い張っていました。

丸々と太ったあさり。そうだ!今週末は、アサリのパスタにしよう!
d0047811_18112740.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-04-17 22:24

人参ジュース

昨日の西日本新聞に大きく、「小鳩の家保育園」(井上一夫園長)が、市内の有機野菜栽培グループ「山内町オアシス会」(下平寅義代表)と連携、とありましたが、その連携のきっかけとなったのが有機の人参ジュース。

この食育シンポには僕自身も出ていて、井上園長と同じく、人参ジュースを飲んだのですが、井上園長は速い。もう連携までされていたとは。しかし、この人参ジュースには参りました。


僕自身、あまり野菜が得意ではなかったのですが、高槻時代に通いつめた有機野菜の伝説的なレストラン・オーガニックキッチン(現在閉店)。あまりに美味しくて、高槻に支店を引っ張ってきました。指定管理者制度を駆使して。今は、オーガニックキッチン・アクアとして頑張っておられるようです。

話はそれましたが、有機野菜の美味しいこと。これで、すっかり野菜好きに。武雄はもともと土がいいせいか、野菜が美味しいので、野菜のジャム、野菜の焼き菓子などができれば、もっと、野菜が身近になると思いますし、保育園の園児が野菜好きになれば、さらに、大きく前進するでしょうね。

こども部食育課のブログも快調です
d0047811_9455288.jpg


今日で、市長就任丸々2年。問題課題が山積しているので、あまり実感は無いのですが、今までどおりに、市民に飛び込みながら、公務政務に当たっていきたいと思っています。よろしくお願いします。

(写真は、下平さんの人参。包丁がさっくり入ります。)
by fromhotelhibiscus | 2008-04-16 23:00

夢は紅白歌合戦

13日の産経新聞に、武雄のことが載っているよ~と、メールや電話が。

産経新聞、佐賀では配っていないので、何が載っているんだろうと思っていたら、便利ですね。Googleニュースが配信。

「人気沸騰!7人のがばいばあちゃん」と題して、

その1
その2
その3

とあります。大作です。おかげで、新聞掲載後、しばらく、楽天で私の本が売切れになってしまいました(今は復活しています。)。
d0047811_23132294.jpg


今日は、久しぶりにベネッセの料理ブログも更新。題して「ぶたりんご」です
by fromhotelhibiscus | 2008-04-15 23:30

20年度の予算

佐賀新聞の特集で、今年度の予算が特集。武雄市も分析がされています。見出しにもありますが、今年度は「医療・福祉」に重点配分しました。「弱い」領域をケアするという意味で予算査定をに臨みましたが、事務方はよく原案を作ってくれたと思っています。


市長になって思うのは、自治体は、国と違って、予算のメリハリをつけることができること。例えば、農林水産省はたった0.5%シェアが減っただけで大騒ぎ。もちろん、武雄市の場合、財政危機一歩手前なので、増やす部分があれば減らす部分があります。

この記事にもきちんと触れてありますが、嬉しかったのは、自主財源となる市税が増えていること。これは、国の税制改正の影響もありますが、武雄市が元気になりつつあることを示すものだと分析しています。

今月から水道料金も下げますが、暮らしやすいまちづくりを進めていきます。財政危機の中で挑戦していく時代ですが、その分だけやりがいがあるのも事実です。よく、私は政治家というより会社の経営者のような話をする、と言われますが、歳入と歳出を絶えず考えているという意味からは経営者かもしれません。

次の世代、次々の世代に、引き継いで喜ばれるような「武雄丸」を残していかなくては。
d0047811_20525035.jpg

(記事は佐賀新聞です。)
by fromhotelhibiscus | 2008-04-14 23:36

週末的な一日

今朝は楼門朝市もそこそこに、山内町宮野地区の運動会。小学生の女の子たちに負けてしまった(笑)。自宅に帰って着替えて、武内町の戦没者追悼式。
d0047811_22385083.jpg

d0047811_22391369.jpg
d0047811_22392928.jpg
d0047811_2239519.jpg
その後、山内ミュージックハウスひばりのカラオケ発表会。10時から16時まで歌えや歌えの大合唱。カラオケの根強い人気にびっくり。
d0047811_2240951.jpg

夕方から、川良からの農道を登って登って、上西山に出ました。歩くこと1時間強ですが、野生の椿が咲き誇るところがあったり、鶯が鳴いたり、いいウォーキングコースを見つけたので、今度写真を撮ろうと思っています。

夜は打合せ。長い一日でした。

以下の記事↓もUPしています。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-13 22:40

レモングラス、全国88選へ

d0047811_20392763.jpg
武雄市が特産化を目指すレモングラスの栽培と加工品づくりが、国選定の「農商工連携88選」(pdf)に佐賀県から唯一選ばれました。

これは、強力に弾みがつきます。最後に、田代芳樹記者の取材で、私のコメントが載っていますが、まさか、正直1年でここまでこれるとは夢にも思わず。生産者、商品開発の方、レモングラス係(現レモングラス課)の皆さんのおかげです。


ただ、このレモングラス。批判にも相当さらされています。

a)なぜ、レモングラス課まで作ってレモングラスしかしないのか?
b)地元が乗っていないのではないか?
c)市長はやりすぎではないのか?


う~ん、

a)レモングラスを突破口にして、注目を武雄のレモングラスに集め、他の農業産品も一緒に売り込んでいく。そして、課の名前は分かりやすいことが一番。レモングラスがうまくテイクオフして、レモングラス課の役割が終わったら、次の重点政策の農産品の名前にしたいと思っています。

b)レモングラスも何でもそうだけど、まず、注目をするのは市外。取り分け流行に敏感な東京でに注目されてから、販路が広がっていく。そういう意味で、市内の観光業が本当に盛り上がるのは、来年の今頃ではないでしょうか。

c)僕自身かなりセーブしているつもりですが、市長でやり過ぎて批判を受けるのは僕くらいかもしれません(笑)。佐賀のがばいばあちゃんや楼門朝市もそうですが、最初の最初に徹底してやってスタイルを作らないと、まず、モノにならないというのが、少なくとも成功した例に通底する共通の考え方です。


武雄市民物語にもレモングラスの分析が載っています


そういえば、ずっと以前こんな記事も。
d0047811_22421652.jpg


(記事は西日本新聞です。)
by fromhotelhibiscus | 2008-04-13 20:41