<   2006年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

巨人軍論

出張で移動の際は、最優先は打合せ、その次が読書、最後が睡眠。今日は、ハードディスクで音楽聴きながら、楽天・野村監督の「巨人軍論」。
d0047811_23483141.jpg

少し前に連載されていた日経の「私の履歴書」では個人攻撃がすさまじく、違和感を残しながら読みましたが、この新書は自分の欠点もさらけ出してあり、割とすんなり入りました。

氏の人生論はともかくとして、印象に残ったのは、不世出の天才・長嶋と王選手がそれこそ、血を吐く努力をしていたこと。しかも、川上監督が二人の選手のモチベーションを下げないためにさらに過酷な試練を課していたこと。

僕は天才と呼ばれる方とは、大学時代に一人、霞が関時代にお一人、お会いしたに過ぎないんですが、お二方とも想像を絶する努力家だったことを覚えています。


それと、監督の組織論で我が意を得たりと思ったのは、優れた組織は、中心人物と個々人の役割がきちんと明確になっていることが必要だということ。

野球が分かりやすいのですが、きちんとした4番バッター、そして彼らを囲む1番から9番までの打者。1番は1番らしく、5番は5番らしく役割を果たすということでしょうか。

では、これにて。たくさんのメールを頂いていますが、明日以降返信します。おやすみなさい。
d0047811_23495524.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-05-31 23:50

プシュー

d0047811_11315765.jpg

歳をとると思うのは、肌の保水能力が衰えてくるということです。もともと、皮膚が乾きやすいという体質もあるんしょうが、必ず執務室、そして持ち歩いているものとして、スプレータイプの保水液です。

気に入っているのはフランスの温泉水を用いたアベンヌ。かすかに硫黄の匂いがするので、逆に安心して使っていますが、輸入品だからか少し高いし、どうにかならんかなって思っています。

しかし、調べたら驚くほど売れています。ま、僕が使っているくらいですから。全国で250万本の売り上げとか。市場全体ではおそらく800万本はいってるでしょうね。


そこで、ひらめいたのが武雄温泉水。シーボルトや豊臣秀吉が愛してやまなかったこの武雄温泉水を、化粧水として何とかできないかと思って、関係者に働きかけています。そして、パッケージデザインも武雄の作家・デザイナーにお願いできないかなぁって考えています。

武雄ブランド+地産地消+温泉活用+全国発信+健康+女性・・・、いろんなメリットがありそうな。

では、これから出張です。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-30 12:35

ニモ

僕には不思議な癖があります。忙しくなればなるほど、映画を見たくなる習性。国家公務員2年生のとき、国会担当で毎晩帰宅は25時過ぎ。それでも、1日1時間は映画(ビデオ)を観てました。睡眠時間は1日4時間強。

今は時間的はそれ以上に忙しいんですが、拍車をかけるように観ています。自宅で、コラテラルに、セカチュー、そして、今日紹介するファインディング・ニモ

僕はもともと、アニメも大好きで宮崎作品はほとんど、ディズニーも結構観ていますが、このファインディング・ニモはベスト3に入ります(他の二作品は、千と千尋トトロ)。


ニモは、デジタルを駆使した強烈な動画感。そして、アナログっぽい魚の表情。そして、奇想天外ながらつぼを押さえたストーリー展開。本当にこんな映画を当たり前に観れる子どもたちが羨ましいと思ったいい映画でした。


明日は県外出張。夜の夜まで折衝が続くはずなので、明日の更新は多分ありません。ご容赦ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-29 22:38

新武雄市長と語ろう会

今日も朝から晩まで予定がびっしり。選挙期間中からそうでしたが、曜日の感覚が全く無くなりました。妻も公務で佐賀へ。尊敬する国会議員秘書さんは、「政治家は体力、体力!」と言われていましたが、その意味がよく分かります。
d0047811_23144522.jpg
d0047811_23154782.jpg


夜は、青年会議所主催の「新武雄市長と語ろう会」。県外からマスコミの皆さんも。急遽、パワーポイントの作成など、企画の皆さんにご迷惑おかけしました。


マニフェストを題材のシンポジウムだったので、あまり来てくれないだろうなって思ったんですが、予想以上に多くの人たちが。答えに窮する質問も頂きましたが、全国の事例をひきながら、本音で回答したつもりです。
d0047811_23173466.jpg

これはいつからやる、できないことはできない、できるにしてもここが限界、とはっきり言いました。


さっき、帰ったら一通のメールが。

武雄市長 樋渡様。

お世話になります。

本日の医師会館での意見交換会、お疲れ様でした。

初めて樋渡市長の生の声を聞かせて頂きました。

そこで感じたのは、「武雄市を、本当に大事にされてらっしゃるんだなぁ」という事です。

問題は本当に山積みですが、頑張って下さい!応援しています。



明日からまた頑張ろうと思いました。日曜日、しかも雨の中、お越し頂きありがとうございました。

(画像の上2つは今日のうめ~らんどの模様です。)
by fromhotelhibiscus | 2006-05-28 23:23

武雄カルタと国語

「観光かるた武雄」が朝日新聞に紹介されました。学校にも寄贈していただくということで、学校の現場でも、楽しく使ってほしいって思います。かるたの中身(句)もすごくいいです。

僕自身は、以前のブログでも書きましたが、英語よりも国語論者です。国語がきちんと語れないのに、英語ができても、国際的には使い物にならない、少し過激ですが、そう思っています。


そして、英語、国語を問わず、言語はまず「リズム」だなって思うことが、30代半ば過ぎるとますます思います。そういう意味では、「リズム」がすっと入る小さいときに、優れた文章、特に古典に接するのは大事ではないでしょうか。

わけも分からず、背伸びをして、夏目漱石に手を出した小学6年生のとき。「吾輩は猫である」をどうにか読んで感動した自分。そして、同じときに分けもわからず読んで結局意味が分からなかった「草枕」(笑)。

しかし

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい

から始まる全編を通じた歯切れのいいリズム感や読んだときの情景は今でも体に残っています。

今日は国語について少し考えてみました。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-27 23:59

武田鉄矢のHP

以前にも書きましたが、高槻市役所時代、広報担当部長だったときに、それこそ、評判のHPもそうでないものでも、手当たり次第に見て、分析して、高槻市役所HPに活かすようにしていました。
d0047811_19132280.jpg


武雄市役所は今、ちょこちょこ変えていますが、全面的リニューアルを8月に行います。僕も、援護射撃!?と思って、いろんなHPを見るようにしていますが、尊敬する友人から、「功名が辻」の武田鉄矢のサイトはいい!とのメール。

氏曰く、

このページはゼミ形式になっていて、サイトの背景も黒板形式になっています。ここからはあくまで提案ですが、市役所の施策をこういうゼミ形式で市民に広く説明する仕組みがあってもいいのではと思っています。

自治体のホームページを見ていても施策の説明などはどうも堅苦しさが抜けておらず、文書ばかりで市民にとってはどこにポイントがあるのか分かりにくい部分もあるように、個人的には思っています。



僕も、武田鉄矢サイトはいいなぁって思いますが、天下のNHK、予算をふんだんに使ってありますので、8月に向けて低予算でどこまで近づけるか、努力したいと思います。
d0047811_19133286.jpg

(画像は橘町から見た御船山。アイルランドの風景に似ているなぁって思って撮りました。下は、夕方の小楠地区の安全・安心パトロール。心から感謝です。)
by fromhotelhibiscus | 2006-05-26 23:59

わっかもんプロジェクトチーム

今日もまた綱渡りのような日程でした。僕自身、10年以上公務員だったし、また、直前は高槻市役所に勤務して、市長を真上に見る立場だったので、大体の予想はついていたのですが、それ以上にはるかに日程が詰まっています。新任だし合併直後だからかなぁって思っています。

メールや来客の対応ができなくて本当にすみません。


今日は、わっかもんプロジェクトチーム第一回の集まり。目的がハッキリしていて活気溢れるチームもあれば、目的そのものが拡散し、戸惑いがあるチーム、いろいろでした。

僕からは、「具約42は市役所として達成すべきものであって、わっかもんPの皆さんにとっては、下書き(土台)と考えてください。また、それ以上にやりたいことがあったらどんどん出してください。」とコメント。
d0047811_047886.jpg
d0047811_0471987.jpg


僕は思います。このわっかもんPは、自由に自分の意見を言い、仲間を募り、自分がその中で何ができるのか、そしてそれは武雄のためになるのか、試行錯誤していく場であると。だから、僕が市役所の事務局に言ったのはただ一つ。「あんまりお膳立てはしないほうがいい。」

無から有を作り出す。大変だけど、そのプロセスは大事だと考えます。全体的にはかなり盛り上がったので、僕はまずまずいいスタートを切れたとほっとしています。次回(6月5日(月) 18時30分~ 武雄市文化会館 大集会室B)が楽しみ。

次回は各プロジェクト(2~10人)ごとにアウトプット(目的)のイメージとそのアウトプットの時期をいつにするのかが中心に議論できればいいなぁって思います。ただ、僕自身は東京出張。う~ん。
d0047811_0473942.jpg

d0047811_0475728.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-05-25 23:59

包装

今日は包装の話題。西日本新聞の津田記者さんと雑談していたら、「武雄は過剰包装ですよね。店によってはそうでないところもあるけど、目薬ですらわざわざ包装したり。これじゃぁ二重包装になってしまう。」

はっ!と思いました。東京に住んでいたとき、最後は新宿区に住んでいましたが、僕が住んでいた地区は、商品の包装はわざわざせずに、買った証拠としてシールを貼るだけ。僕も何となくマイバッグを持って、買い物に行ってたくらい(笑)。
d0047811_20303245.jpg


武雄もそうなればいいなぁって思いませんか?過剰包装が無くなればゴミは少なくなるし、誰もが気軽にできるし、商店も経費が少しは減るし・・・

過剰包装に関しては、行政の呼び掛けだけでは限界がありますが、いくつか仕掛けを考えています。いいご意見があったら教えてください。考えるきっけけを与えていただいた津田記者ありがとうございました。


今日も総会、総会で、ニシヘヒガシヘ。市長として挨拶が必ずあるので、毎回工夫を凝らしています。今日はたまたまですが、内外の例を出しました。児童福祉ではスウェーデン、子育てでは沖縄、税ではローマ帝国。

今は過去の遺産を食いつないでいますが、やっぱり必要なのは読書と内外の見聞です。特に後者は効きます。

↓下の記事もUPしました。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-24 23:40

ひき逃げ犯捕まる!

今晩、唐津での児童ひき逃げ犯人が逮捕され、ほっとしました。ひき逃げした上、別の場所に放置するという卑劣極まりない事件、しかも、警察を振り切り逃走するというニュースも提供。

しかし、ひき逃げされた被害児童が意識不明のままとのこと。一刻も早く意識が戻りますように!


それにしても、猟奇的な事件や事故が相次いでおこっています。原因の一つ、しかも、大きなファクターとして、私は「公」や「相手」ではなくて、「個」や「自分」を追求しすぎた戦後教育が根底にあると思っています。

教育基本法の改正の議論が、小泉総理出席のもと、ようやく始まりました。

基本法の改正がこんな荒んだ社会の再生に一石を投じるのか、はたまた、全くの焼け石に水なのか。もちろん、国会での議論、そして改正そのものが、前者につながるものでなくてはなりません。


マスコミも野党の皆さんも「愛国心」をめぐる神学的論争ではなくて、この法律改正を通じて、荒んだ社会にどのようにアプローチするのか、また、できないのか、議論し報じてほしいものです。

私も霞が関時代、経験しましたが、法律は目的ではなく手段。この手段を使って社会をどのように変えていくのか。注目したいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-24 23:33

新武雄市長と語ろう会

今日はお知らせです。「新武雄市長と語ろう会」が以下のように開催されます。何だかこれを書いていると、選挙期間中の演説会のお知らせを思い出します(苦笑)。

「新武雄市長と語ろう会」
日時:28日(日) 18:30~ 
場所:武雄・杵島地区医師会検診センター 3F 大ホール
主催:武雄青年会議所
d0047811_2323146.jpg
当日は、「具約42」を作成した理由、選挙戦にどう用いたか、また、今後「具約42」がどのように展開・発展するのかなどを自分の言葉で語ろうと思います。また、質問タイムも多くとっていただているようなので、どしどし、ご意見・ご質問をお待ちしています。


先日、ブログに宇宙科学館横の蛍について、マナーのことを書いたら早速、車の通行制限で商工観光課が動き、警察署が同意されました。関係者の皆さん、本当にありがとうございます。これで、ますます本格的な蛍鑑賞ができます。市外からもぜひお越しください。絶対にお勧めです。

↓下の記事もUPしました。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-23 23:30