<   2006年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

FM佐賀

d0047811_2362992.jpg

今日も新・市内をヒガシヘニシヘ。夕方から夜にかけての八並・小楠地区への挨拶まわりは一つの手ごたえを感じることができました。道々で声をかけていただいたお母さん、ありがとうございました。

さて、今日は車で移動中、珍しくFMを流していましたが、FM佐賀でバリバリ佐賀弁。この佐賀弁で、江北町のローカルなまたローカルなお宮さんのお話でなぜか盛り上がっていました。僕も笑って聞いてました。

これが東京弁だったらどうだったでしょうか?恐らく聞き流していたと思います。
d0047811_2040541.jpg


そのとき、ふと沖縄のことを思い出しました。というのも、今から4年前、沖縄はホテルもタクシーも観光関係の皆さんはなぜか東京弁。僕は沖縄の観光振興の担当者だったこともあり、関係者みなさんには「沖縄弁を使ったほうが観光客が喜ぶ、だから極力自分たちの生活の言葉で観光客に語りかけてはどうか」という話をしました。

何年か経って、「ハイサイ!」「ちばりよ~!」「なんくるないさー」と柔らかい沖縄弁が増えてきたという報告を受けました。実際、東京の観光客(知人)から「沖縄弁良かったよ~。意味が分かんなかったら聞いたら、そこでコミュニケーションが生まれた。また、沖縄に行った!って実感もあった。」という話も聞きました。


沖縄でそうだったように、武雄弁も観光の大きな柱になる、と思っていますが、いかがでしょうか。「徒然なか」「ぐらいした」「好いと~」
d0047811_20413011.jpg

さあ、明日から4月。いよいよになってきました。

追伸)歩いていると後援会の住所を聞かれることが多くなってきました。事務所は三ヶ所ありますが、代表は〒843-0024武雄市武雄町富岡8930-1ひわたし啓祐後援会事務所 電話0954-20-0380 ファックス0954-20-0378です。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-31 23:50

車のこと

僕は旅行が好きなせいか、車が大好きです。ただ、免許を取ったのは大学4年のとき。免許を取ったのが遅かったので、今の車好きはひょっとしてその反動かもしれません。
d0047811_22474268.jpg

さて、車といえば、このごろ、やっと変わってきたなぁって思います。あいさつまわりの際に、多くの車を見かけますが、個性が無い、無いって言われて続けてきた日本車に異変を感じます。
d0047811_2238543.jpg


それは、トヨタだったらトヨタ、日産だったら日産、マツダだったらマツダと、外見、内装、乗り心地ともに、個性化・分化してきた感じがします(まだ、外車には及びませんが。)。

僕は今、環境への負荷を極力かけたくない思いから、トヨタのプリウスに乗っていますが、実は乗り心地などかなり個性的です。万人受けのトヨタがこうまで変わったかと思わせるインパクトがあります。僕は熱烈支持です。
d0047811_22424979.jpg


車のこと書いていたら熱くなってきたので、少しトーンと落とします(笑)。車といえば、どこのメーカーのHPも素敵ですが、特に注目しているのは、マツダです。実際乗っている人が自分の車を評価する「ユーザー試乗記」です(以前は、もっと強烈な批判があったんですが、ざっと見た感じ少し減ったような。)。

こういった分かりやすい評価を行政でも取り入れるべきと思っています。市もいろんな事業(福祉、子育て・・・)を行います。
d0047811_22443455.jpg

専門家による外部評価はもちろん導入しますが、「使う」市民が「評価」をし、市役所はそれを「分かりやすく」提示をする。分野は全然違いますが、マツダを見習いたいと思います。
d0047811_012225.jpg


今日は地域周りを最優先し、武雄町北部を隈なくまわりました。10キロは歩いたでしょうか。お声をかけていただいた皆さん、ありがとうございました。これから武雄温泉にドボンです!

(画像は現在気になる車ですが、高値いや高嶺の花です・・・)
by fromhotelhibiscus | 2006-03-30 22:45

時速2キロの歩いてしか見えない光景

今日もヒガシヘニシヘ。今晩は、山内町の船の原での集会では90人を超す皆さんに集まっていただきました。山下徳夫元官房長官がわざわざ応援弁士を。僕も聞き入りました。

さらには、私は会えなかったんですが、高槻時代、お世話になった大阪府議会議員もお見えに。皆さん、ありがとうございました。
d0047811_2251536.jpg


実は今日であいさつまわりを始めて3か月。万歩計をつけて歩いていますが、今日で700キロ。武雄から大阪まで歩いた距離になります。
d0047811_1816819.jpg

その間、歩きすぎて万歩計が壊れたり、靴が数足ダメになったり・・・。その間、数え切れないさまざまな出会い、再会もありました。今までの写真はあいさつまわりのときに撮ったものです。

時速2キロの歩いてしか見えない光景。

これがあります。時速2キロとは、その間にいろんなご意見を住民の皆さんから聞きますが、聞きながら歩くとたったの2キロです。しかし、今、私は一介の行政官から政治家になるべく、活動を進めています。単なる距離ではなく、この「時速2キロの歩いてしか見えない光景」を大事にしようと思います。
d0047811_18164931.jpg


そして、よく声をかけられるのが、「武雄のために頑張ってください。」

選挙に付き物の誹謗中傷が多くなってきましたが、私の理念、政策はすべてオープンにしています。これ以外のことは言ってませんので、ご安心ください。

「武雄のために」頑張ろうと思います。
d0047811_18245630.jpg

追伸1)我らが瀧田隊長が、またまた武雄の魅力を描かれています。ぜひ、ご覧ください。
追伸2)最後の画像は掲載に当たって、地元の金龍窯さんにご協力・ご許可をいただいたものです。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-29 23:24

続・武雄感動物語

先週、高槻からお越しいただいた我らが瀧田隊長の「続・武雄感動物語」が始まりました。私の応援の傍ら、精力的に武雄の食を中心とする魅力を取材していただきました。
d0047811_0535050.jpg

ぜひ、ご覧ください。

下の記事もUPしました。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-29 00:10

小学校から英語?

小5からの英語の必修化、2010年度にも導入へ」のニュースが。
d0047811_2351982.jpg

僕は基本的に反対です。英語はつくづく思うんですが、道具に過ぎないと。外国に居ても、今の若い人たちは、確かに僕ら世代より英語は上手い。しかし、多くの若い人たちは、失礼ながら、語るべきもの、語る中身を知らない。

大学時代、それこそ、1万円を片手に数十カ国、海外を放浪しました。そのときに、聞かれるのは、日本の文化と自分自身。特にヨーロッパでは、「伊万里焼と唐津焼の違いは?」、「貴方の理念・哲学は?」など、受験では教わらない「教養」を聞かれました。

長い歴史を持つ国々の人たちは、僕が知る限り、英語力より、日本や日本文化を知悉している日本人に敬意を表していました。
d0047811_23515288.jpg


そこまで大上段にいかなくても、小学生時代は、「外国語」である英語の詰め込みよりも、「自国語」の日本語をきちんと楽しく教え、国語力を鍛えたほうがいいと思います。現にそうお考えの教育長さんたちも多数いらっしゃいます。

韓国をはじめとするアジア諸国が英語を低学年から教えるから、日本も国際競争力においても必要との声をよく聞きますが、中学時代に、ヒアリングを含めしっかり教えてあげればいいのにと思うのは、僕だけでしょうか?
d0047811_23532464.jpg

私は、「みんなの具約」(no16)でも出しましたが、姉妹都市交流や優れたALTの招聘で「自然な」触れ合いから、英語力を伸ばしていくほうが中長期的に見て効果的だと思っています。

ご意見等お待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-28 23:59

懐中電灯

d0047811_22331651.jpg

今日は、新・市内をキタへミナミへ。夕方は武雄町南部をしっかりまわりました。それにしても、すっかり春を感じる時節になりました。
d0047811_22334437.jpg

d0047811_223401.jpg

さて、今晩は、北方町追分公民館に80名を超す皆さんに集まっていただきました。北方町での講演会では、必ず、ご挨拶には今年で90歳になられる女性の岩本前老人会長(昔は小学校の先生)がお見えいただきます。

今日も説得力、ユーモア、迫力、女性らしさ・・・、驚くべきものがありました。「樋渡さんに新・武雄の未来を託したい。賭けたい。だから追分の皆さん一緒に頑張りましょう。」と。
d0047811_2235268.jpg


びっくりしたことがあります。それは、今晩、お越しいただいた住民の皆さんのうち、何人かの方が、懐中電灯を持参。わけを聞いたら、「樋渡さんの話が良ければ、後で周りに説得に行くばい。そいけん持ってきた。」

これには僕もびっくり。ひと際、一生懸命お話しました。武雄の未来、青写真を。


終わったら、一目散に、懐中電灯を持ったお父さんたちが、「樋渡候補の話を伝えに行くばい!」と掛け声とともに走り去られました。

試験に合格したようなほっとした気分でした。本当にありがとうございます。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-27 22:46

今晩の講演会

ひわたし啓祐後援会事務所主催の講演会が以下のように開催されます。

日時:本日(27日)19:30~(1時間程度)
場所:北方町・追分公民館
d0047811_14352222.jpg


新・武雄市に向けた思い、北方町がどのようになるのか、等をお話しようと思っています。お誘いあわせの上、ご参加ください。


現在、週末や平日の昼間に集会を開いてほしいという要望がかなりいただいています。嬉しいことです。私のメール(hiwa1118@yahoo.co.jp)かこのブログの非公開コメント欄あて、日時、場所等教えていただければありがたいです。お二方、お三方でも結構ですので、よろしくお願いいたします。


また、これからあいさつまわりに出かけます!
d0047811_14364120.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-03-27 14:36

青江創ピアノリサイタル

青江君は同級生。僕の中学時代の友人です。中学時代、彼はピアノを一日6時間以上練習する伝説のヤツ、きっぷのいいナイスガイでした。高校は音高に進み、以来20年振りに武雄で再会することに。

最近、青江君の演奏を聴きましたが、一言で言えば、男性的で骨太、しかし繊細ときているバックハウスのタッチです。

その彼が、満を持して、5月21日(日)にピアノ・リサイタル。必ず行きますし、ぜひ、お出かけください。
d0047811_22123672.jpg


しかし、演奏会といえば聴く人は限られています。それを打破したいために、高槻時代、全国で初めて、NPOの皆さんと組んで、役所のウェブラジオを立ち上げました。

地元の優れた演奏家の生の演奏をCD並みの高音質のまま、インターネットを通じて流していました。トルコやアメリカから励ましの言葉を頂いたことも。

僕は、青江君を始め、地元の優れたアーティストをインターネットを通じて、日本に世界に発信しようと思っています。痛快ではありませんか!
d0047811_22125143.jpg



上の画像は、イラスト・デザインは僕たちの中学時代の恩師である原素子先生によるもの。僕は素子先生のご指導のおかげで僕の絵が県展特選に!この場を借りてお礼申し上げます。

下の画像は本人画像などですが、この「リサイタルに寄せて」は上には上がいるなぁって思わせる文章でした。ぜひ、画像をクリックしてご覧ください。

*掲載に当たっては関係者すべての了解を取っています。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-26 23:30

今日の講演会

ひわたし啓祐後援会主催の講演会が以下のとおり開催されます。

今日(26日)19:30~ 武雄町・永島溝の上公民館にて
d0047811_1741868.jpg

お誘いあわせの上、ぜひ、ご参加ください。新武雄市創造に向けた私の抱負、政策を分りやすく具体的に語ろうと思っています。

↓下の記事もUPしました。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-26 13:37

ひわたし後援会南支部・誕生!

今日も早朝から、ニシヘヒガシヘ。週末を経るたびに盛り上がりを感じます。

夜は、JR武雄温泉駅南に市民有志による新事務所が誕生し、いよいよ、さらに多くの方々に支援していただける最終体勢が整いました。ありがたいことです。場所は農協会館の向かいのオフィス1階です。

今日はあまり緊張しない僕が珍しく緊張しました。今日、発足した新事務所に集まっていただいた皆さんの顔ぶれがあまりに凄くて。満員御礼の60名超の方々も然ることながら、武雄、佐賀を代表するような皆さんばかりだったからです。日々修行です。
d0047811_23573495.jpg

今日を境に、ひわたし啓祐後援会事務所は3つに分かれます。

一つは、八並の事務所(北支部)
一つは、今日誕生した武雄駅南の事務所(南支部)
一つは、先日誕生した永尾駅前の事務所(山内支部)

お近くにお越しの際は、これらの事務所にお立ち寄りいただければありがたいです。

追伸)それぞれの支部で違いは特にありません。各事務所で頂いたご意見・ご質問等は、すべて、あいさつまわり、講演中の私に入るようになっています。
by fromhotelhibiscus | 2006-03-25 23:59