<   2006年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

家永先生

武雄で家永先生、家永塾といえば、「あ~あの塾ね。」という言葉が返ってくると思います。

今から25年!前、小学校6年生のときに、友人に連れられて、家永塾へ。当時の先生は既に80歳を超えても、矍鑠(かくしゃく)そのもの。かなり変わった寺子屋で、国語は漢詩、数学は因数分解、英語は基本文のみという極めて偏った教育内容(笑)。しかも、徹底的な暗記、暗記、暗記の連続でした。
d0047811_0192086.jpg

腕白坊主だった僕が異議を唱えても、耳を抓られるわ、火が出るように叩かれるわ、親も呼ばれるわ、一方で、戸の開け閉め、靴のそろえ方、礼儀作法まで徹底的に仕込まれました。これまた反抗していましたが、所詮は全く敵わず。

う~ん、何というか、今だったら存在し得ない塾だったわけです(笑)。理解はせずに暗記に頼りすぎて、県外高校受験は失敗、大学受験も最初は失敗という目にあいましたが、日本語の持つリズム感の凄さ、一流のもの(特に陶器、書)を見るという大切さは自然に体の中に入り込みました。これにはほとほと感謝しています。


風の便りで、山口県の施設にて先生がお亡くなりになったことを聞いていたわけですが、今日、私の先輩である家永塾OB(現在医者のSさん)から先生最期のことをお聞きしました。

今から7年位前、お見舞いに行ったときは、床の中で本を読まれておられた。そのとき、齢100。自分は逆に先生から「しっかりやれ!」と激励を受けて苦笑しながら帰ってきた。その後、たった二月で大樹がふっと倒れるように自然にお亡くなりになった。しかも、最も愛されたタヅ子夫人が亡くなられた直後に。


涙が零れ落ちるのと同時に、先生ご夫妻最期のご様子が分かり、ほっとしました。政治嫌いだった先生、今の僕のことをどう思われているだろうか。きっと天国で優しかったタヅ子夫人と苦笑いされておられるんだろうなと思いました。

お墓の場所も伺い、4月には必ず参ろうと思った一日でした。
d0047811_0203140.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-02-28 23:59

No Music,No Life

僕のブログで、左端の「ライフログ」の好きなCDや本を見て、声をかけていただく方が多くなってきました。先日も、若木で講演会が始まる前、20代の方から「レッドツェッペリン」で話しかけてもらい、かなり盛り上がりました。
d0047811_1921896.jpg

今日、あいさつ回りをしていたら、40代の方から、「ブログ見ていますよ~。ところで一番好きなアルバムは何ですか?」とのことでしたので、今、とりあえず、ロックで思いつく1枚を挙げてみます。それは、スティング率いるthe policeのラストレコーディングとなった”シンクロニシティ”です。

中学時代、レコードが擦り切れるくらい聞き、大学時代はCDレコーダーがダメになるくらい聞き込みました。今ではもうそんなに聞くことはなくなりましたが、一番、聞いたのはこれです。


前者のアルバムの中の「見つめていたい」を聞けば、中学時代の冬の寒い一日、大学時代はバイトが終わってのんびりしたときの様子を思い出します。今でもたまにかけますが、また新たな気持ちになります。名盤というものはそんなものでしょうね。

今も、車で移動するときには必ず音楽をかけていますが、10年後、どの曲を思い出すんだろうって思うときがあります。10年後がそういう意味で楽しみになるときがあります(少し変でしょうか?)。また、名盤はジャケットも必ずいいというのが僕の持論なんですがどうなんでしょうか?
d0047811_235496.jpg


今日、このブログへのアクセス数が急増しているようですが、嬉しい反面、なぜなんだろうと思うことも。これがネット時代のつかみどころの無いところだなぁって実感します。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-26 23:54

武雄感動物語

d0047811_2229522.jpg
先日、武雄にご来市いただいた、高槻時代からの畏友である瀧田圭樹「美味しいもの見つけ隊」隊長の「武雄感動物語」、ぜひご覧ください。

外部の方、「食」のプロから見た武雄像は僕にとってすごく参考になります。しばらくシリーズが続くようで楽しみです。瀧田隊長!ありがとうございます。

↓下の記事もUPしました。ご覧下さい。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-26 22:30

北方町閉町式

今日は夫婦揃って、北方町閉町式に一・新武雄市民として出席しました。3月1日には新・武雄市として新たな出発を迎えることになりますが、その直前の閉町式でした。

クライマックスは町旗降納の場面。北方町民の方が多数訪れておられましたが、皆さんの表情を拝見すると、そのお気持ちはいろんな意味で感無量だったのではと思いました。
d0047811_2205658.jpg


昼は、5年ほど前からお世話になっている山下徳夫元官房長官が私を激励に武雄にお越し頂き、そのまま、後で報告がありましたが、この私のために御自ら87歳の足であいさつ回りをされていたご様子で胸を打ちました。山下先生ありがとうございました。

その後、奮い立って、山内町へ。夕方、集会。夜は三夜待ち。それでも、今日は少し早めに終わりました。


昨日から、高槻市役所の元同僚の若いお二人が応援方々、ご来市。新・武雄を見てかなり気に入った様子でした。夜も遅くまでありがとうございました。思わず、高槻時代をまざまざと思い出しました。そうだ、離れてからまだ三月も経っていないんだなぁって。本当にありがとうございまいした。
d0047811_2214678.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-02-26 22:05

宝積と指山県議

今、自ら出かけたり、お呼ばれされたり、ものすごく挨拶の機会が多いです(当たり前ですね。)。あまり、同じことをお話しするわけにいかないので、昔読んだ本や最近は他の方のブログを参考にしています。

その中で、親しくさせていただいている指山県会議員さん(鳥栖)のブログに以下の文章を発見。

「宝積」とは、その本義は「人を守りて己を守らず」。転じて「人に尽くして見返りを求めない」という意味で、岩手県盛岡市出身の平民宰相と呼ばれた原敬元首相が座右の銘にした言葉です。今は自民党の幹事長室に直筆の扁額が飾ってあるそうです。今度見に行きたいと思ってます。
d0047811_1963530.jpg


若干補足すると、「宝積」とは「尽くして見返りを求めずという心根が自分の中の宝を積むことになる。」とのことです。

宝積(ほうしゃく)。美しい言葉だなぁって思いました。

ちなみに、霞が関時代、局長のお供で、自民党幹事長室(今、話題の武部さんのいるところ)に行きましたが、緊張?のためか全然気付きませんでした。


僕は公務員時代から、ずっと、守ってきたことがあります。マスコミや同僚公務員からかなり「変わっている」って言われ続けました。

それは「情報を出すこと、自分をさらけ出すこと」です。自分の持っている情報を隠さず出せば、経験上、後で何倍、何十倍となる以上にさらに良質な情報が得られるからです。また、仕事でもプライベートでもいい情報(人によって定義は違うと思いますが。)を持っていると楽しいですよね。
d0047811_1972230.jpg

この「情報を出すこと」は高槻時代に「こちら部長室」に少しだけ書きました。ぜひご覧になってください。「宝積」その他いろいろ教えていただいている指山先輩、ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-25 23:59

我らが瀧田隊長、ご来市

d0047811_17205173.jpg
昨日から、大阪が誇る「美味しいもの見つけ隊」隊長の瀧田圭樹さんが、わざわざ応援にお越しくださいました。東京から松原先輩、高槻から北川さん・真鍋君、そして、瀧田さん。

瀧田さんとは高槻時代、ひょんなことで知り合いになり、主に「食育」の分野でいろいろ教えていただきました。氏からはまた夫婦共々、人間的にも大きなものを学びました。

本当に嬉しかったです。昨晩の若木・御所集会所での講演で50名近くの方々の拍手が鳴り止まなかったのも、瀧田さんの応援演説と質問に対する的確なお答えのおかげです。
d0047811_17193319.jpg


瀧田さん曰く、「新・武雄は食も観光も大きな財産がある。活かし方次第で何倍にも伸びる。」とおっしゃっていただきました。僕も同感です。

今日、武雄温泉駅を去るお姿を見送りながら、本当に僕は幸せ者だと痛感しました。瀧田さん、超多忙の中お越し頂きありがとうございました。

明日もまた高槻から応援団がお越しいただくとのこと。嬉しい限りです。はやく明日にならないかなと思っています。


今日、最高のアクセス数を記録しました。ご覧いただき感謝しています。いろんなご意見・ご質問をいただければ嬉しいです。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-24 23:14

やった!金メダル

朝早く起きたら、荒川静香さんが金メダル。しかも、女子フィギュアでは日本はおろかアジアでも初。
d0047811_9263195.jpg

お見事だったのは、荒川さんも村主さんも天才コーエンも、ロシアの女王スルツカヤも誰も「守り」に入らず、果敢に挑戦したこと。転倒や、回転ミスもあったけれど、それでも、めげずに技に挑戦したこと。

特に荒川さんは報道で知る限り、もともと天才ではなく努力肌で、20年以上、夢をあきらめず、コツコツ努力を積み上げて、ついにオリンピックの大舞台で頂点に輝いたのは驚嘆に値します。

荒川さんおめでとうございます。君が代が聞けてよかった!僕も頑張らないと。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-24 09:27

ローマ人の物語

今、離れ小島に流されたら、どういう本を持っていくか、と問われたら、僕は真っ先に「ローマ人の物語」を持っていくと思います。今日、読了したのは14巻目。やっとこさ読み終わりました。
d0047811_0115746.jpg

この巻は「ローマ帝国はついにキリスト教に乗っ取られた――帝国繁栄の基礎だった「寛容の精神」は消え、キリスト教が国教化する。それはいかにして実現したのか。 」というものですが、面白い。ドキドキワクワクします。


特に、古代ローマ精神の最後の砦・シンクマスと新興キリスト教の旗手・司教アンブロシウスのそれぞれローマ皇帝に綴った書簡全部が紹介されていましたが、この論戦はそれこそ、手に汗を握るものでした。

著者の塩野七生さんはこの論戦を「微苦笑する」との表現で書いてありましたが、僕は、生死を分かつよりも重いものだと思いました。

言葉一つでこれだけのことができる。論戦、ひいてはまさに政治そのものだと感じました。


この出来事は今から1621年前のことです。人間ってこの論戦ができるほど進歩したんだろうかというため息と、僕も両者のように(までとは絶対いきませんが)分かりやすく、親しみやすく、自分の考えを出していきます。

ちなみにこの世紀の大論戦を機に一気にキリスト教がローマ帝国を浸透することになりました。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-23 23:59

今後の講演会の予定

今後の講演会(ひわたし啓祐後援会主催)の予定は以下のとおりです。
d0047811_9163245.jpg

今日(22(木))20:00~若木・御所公民館
25(土)20:00~若木・本部公民館

26(日)20:00~朝日・黒尾公民館
27(月)19:30~西川登・庭木公民館
28(火)20:00~JA若木支所


3月は、武雄町内、山内町、北方町等で行われます。

心からお待ちしています。

↓下の記事もUPしました。ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-23 09:16

国会議員?

この頃、私へのご質問に「ひわたしさんは、市長の次は国会議員に出(ず)っとですか?」があります。
d0047811_1774418.jpg

おほめの言葉と解釈していますが、私は国会議員等への転進は一切考えていません。

僕自身、霞が関時代に、国会議員の皆さんとは一緒に仕事をしましたし、また、その役割もつぶさに見てきました。その上で、僕はこう思うんです。市長も(国会)議員も上下関係でなくて「役割」が違うものと。私は人生の選択として、首長を目指しています。


その理由に入る前に、首長は企画・立案の最高責任者。議会はその企画・立案を受けて承認する機関。

繰り返しになりますが、首長と議会はその果たす「役割」が違うと思っています。


では、なぜ、自分は首長を目指しているのか。以前、「なぜ、自分が帰郷したのか?(1)~(3)」に書きましたが、僕は夢のある政策の「企画、立案、そして実行」を市民の皆さんと一緒にしたいのです。

また、僕は郷土の大先輩・大隈重信公と江藤新平公のことを書きました

彼ら大先輩は、青雲の志を立てて中央(東京)に駆け上った。僕は、百数十年経った今、敬愛した今は亡き祖父の言葉、自分を育ててくれた郷土への感謝・郷土のご恩に報いるために中央から武雄に舞い戻りました。中央(東京)が武雄よりも上だという認識はもとより全く無いのです。
d0047811_1785220.jpg


一方で地方分権が急速に進む今日、もう、東京に平身低頭してお伺いを立てる時代でもないし、そういうことはあってはならない。今や地方自治体の首長は「経営者」でなくてはならない。古川知事、鳥取県の片山知事がその代表だと思っています。

新・武雄市の誕生に合わせ、私は市民の皆さんと一緒に夢のある政策を企画、立案し、実行したい。その中で、場合によっては10年以上かかる長期的な政策もあります。

愛する新・武雄市を全国の皆さんが羨むような町にしたいし、武雄は再三書いていますが、その潜在能力はあります。湯布院なんかに負けません。

だから、自分は首長論としても、その政策の実行、また、見届けるためにも、市民の審判が前提ですが、当然、複数の期やるべきものだと理解しています。したがって、「市長は腰掛、ステップ、名誉職」であってはならないものだと考えています。
d0047811_018213.jpg


高槻で、沖縄でやってきたように、市民の皆さんに交わり、市民の皆さんと、この愛する故郷のために一緒に仕事をしたい。沖縄の僻地、高槻、東京でやったきた経験を元にこの土地で花を咲かせたい。文字通り、骨を埋める覚悟でいます。

長くなりました。ご意見、ご質問、お待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2006-02-22 23:59