<   2005年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

今日から

沖縄・那覇に慰霊をかねて行ってきます。

d0047811_21535738.jpg
そのほか、沖縄に居た僕でしかできないミッションがありやる気満々です。あまりやる気が充溢するとくたびれるので、ゆったりした沖縄(ウチナー)タイムに身を浸そうと思っています。

あと、CREAの沖縄特集を持って美味しいものを食べてきます。読谷(よみたんと読みます。)に焼き物を買いに行ける時間が取れればいいのですが。

休みなような仕事のような・・・。

ともあれ、知念さん、金城さん、お土産買ったよ~。
d0047811_21552312.jpg

次回のブログは25(木)です。

(画像は愛知万博です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-23 00:44

北川元三重県知事の講演

業績を残した人の講演を聴くのははホント参考になります。以前、私が敬愛してやまない市内の若手経営者からお借りした「北川元三重県知事の講演CD録」をやっと聴きました。Nさん、長い間借りていてすみませんでした!
d0047811_21395656.jpg

さて、もともとこの御仁は、マニフェストを提唱したり、シャープを三重県に呼んであっと言わせたり、政策評価制度を構築したり、その業績は枚挙にいとまがないほどです。

僕自身も、氏の語り口の明快さから一定の尊敬はしています。この講演録で「はっ」と思った、あるいはやられた!って思ったのは次のフレーズ。

●北川元知事の講演●

シャープを三重県に呼んだときに、巨額の補助金のほか、ワンストップサービスを実現した。単に役所の窓口をワンストップするのではなく、実際に県庁の職員を2人、シャープに派遣して、自由に使ってくれとシャープ側に言った。

この2人は、国土交通省相手に民間企業が行うと5年くらいかかる手続をあっという間にやって、シャープの中の評価を勝ち得た。この2人のすごいところは、※◇の案件は本庁の課長、知事にたらいまわしの相談するのではなくて、「私は・・・する。」と一人称で語れる職員だったということ。

役所が普通こういった相談するというのは、役所の窓口でしかも9時-5時だけで型どおりで終わるけれど、この2人がこういった成功例を出すと、この9時ー5時と当たり前に思っていたことが、古き「悪しき」慣習となっていく。他方で、シャープの意思決定の強烈なスピード感を県庁として学べたのは本当に良かった。・・・



という中身のときに、僕自身が次のタマ(政策)として考えていたことをさすが早いところやっているわ、すなわち、職員を2人くらい派遣するくらいの強烈さが無いとダメなんだというのを知って、却ってほっとしました。意思決定の速さとやる中身の強烈さ。
d0047811_21403139.jpg

この北川さんやうちの市長も話していますが、組織運営は「管理」ではなくて、「経営」だということ、そして、「プロセス」よりは「結果」がもっと大事だということかなぁって思っています(とはいっても、たいがい、いい結果のときはいいプロセスがあります。)。

(画像は愛知万博です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-22 15:46

高槻に帰りました

朝、佐賀の実家を出て、15時の市民フォーラムにパネラーとして参加しました。
d0047811_21544222.jpg

青年会議所の松本副理事長さんが抜きん出て、NPOの女性陣のコメントがそれに次ぐという感じでした。某大学の先生は???でした。コーディネートのSさんはいつもはいいのに、今日はバランス感覚が抜けている感じでした。

○松本さん「方針と計画をごちゃにして議論すると混乱を生じる。分けて議論すべき。」
●樋渡の独り言「そのとおり。松本さんは、「方針」は家、「計画」は間取り・家具というたとえをされていましたが、確かにこれらをごちゃにしてはいけませんね。非常に上手いたとえでした。」

d0047811_21551161.jpg
○NPOの女性陣「市役所も縦割りなら実は市民、市民グループも縦割り。いい市役所の職員、いい市民を思い描いて議論すれば不信感も少しは無くなる。」
●樋渡の独り言「いやあ、僕の言いたいこと言ってくれました。」

○某大学の先生「今日出されたレポートには具体的な例が書いていない。行政は市民活動にもっと補助金を出すべき。」
●樋渡の独り言「このレポートって具体例ばかりですが。補助金の交付先も良し悪し、交付相手をきちんと見て判断するよ。レポート見ないで偉そうな事言わないでほしい。現場をもう少し歩くなり僕ら実務者に意見を聞かないと。」

一歩下がると良く分かります。また、自分自身のコメントは自ら言うのも何ですが、生彩が無かったですね(笑)。あまり某先生をけなすのもいけませんね。反省です。

それと、気になったのは、行政との協働を語っているのに、職員の出席が少ないこと。これにはびっくり。冷めているのか周知の仕方が弱いのか。きちんと分析する必要があります。総合調整室お願いします。それと、指摘もありましたが、次回からケーブルテレビ入れましょう。今回言うの忘れてました。僕の責任です。ごめんなさい!
d0047811_2157345.jpg

では、今日はこの辺で。寝る前に「和楽」読もうっと。

(画像は愛知万博です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-21 21:58

佐賀にいます

今、佐賀の実家に居ます。高校卒業までこの実家に居たのですが、それ以降帰郷するのも年に1,2回ペース。それでも、また高槻に居るのと同じくらいにほっとします。反面、東京や沖縄は遠くになりけりという感がします。

さて、今日はスーツを電車に置き忘れて大童。義理の弟さんに終着駅(JRハウステンボス駅)に往復2時間かけて取りに行ってもらう羽目に。どうもすみませんでした!!

スーツに着替え、松本北方町長さんが名誉町民になられたので、そのお祝いの会に。300人以上集まっておられたのですが、郵政民営化反対の前自民党代議士やら全国町村会長やら、前知事やらいろんなその筋の方々が来ておられ、大盛り上がり。

僕自身、あんまりこの手の政治的なことを聞かれるのは苦手なので、身を潜めていたら、松本さんからいきなり僕だけ紹介され前に出される始末。なんだかとほほでした。

今日はそういう訳でくたびれ果てたので早めに休んで、明朝高槻にトンボ帰りして市民フォーラムに参加します。


今日は行きの新幹線でいい本を読みました。といっても大著なのでまだ半分もいっていないのですが、それは佐藤愛子の「血脈」。大正時代の感じがうまく出ていることと驚くべきストーリー展開で一気に引き込まれました。これは今年のベスト3に入りそうな予感です。
d0047811_21484433.jpg


それと、小林よしのりの「靖国論」を読みました。氏の明快な結論には概ね納得しますが、現状認識と結論には救いがたいギャップがあると思います。それを論理ではなくて情緒(特に怒り)で埋めているあたりが、氏に対する強烈なバッシングになっているのなぁって思います。でも、議論を行う上でも欠かせないいい本です。
d0047811_2149557.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-20 23:50

比叡山にパリ?

少し前の話になりますが、比叡山延暦寺に行った帰りに、気になっていた「ロテル・ド・比叡」へお茶をしに行きました。あと館内を散策しましたが、ここは完全にフランス。名だたるフレンチレストランも擁する全29室のオーベルジュといった趣き。

う~ん、混乱しました。日本の最も日本たるゆえんのところに、フランス・・・。またフランス振りが完璧すぎて、比叡山天台宗とギャップが広がっていく・・・。最澄や栄西はどう思っているだろうか(笑)。

d0047811_2315028.jpg
d0047811_23151134.jpg
d0047811_23153159.jpg
d0047811_23155151.jpg
確かに、フランスも一時期ナポレオン時代は異文化の最たるところエジプトに凝りまくり、コンコルド広場というパリの心臓部分に高さ23mのエジプトの塔(オベリスク)が。

異国趣味はイタリアもそうなんですが、ただし街に溶け込んでいるのが良く分かります。何で、比叡山にパリなのか。これは何も比叡山に限った話ではなくて、180°の違いといえば、大阪のリッツカールトンでも同じことを感じました。でも、これらのホテルって流行っているんですよね。う~ん、分からん(笑)。

(比叡山延暦寺の根本中堂です。木立から臨みましたが、なかなかの迫力でした。)
d0047811_0285284.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-20 00:29

田辺屋レポート1

以前、自分のブログに「高槻にはいいお土産が無い!」と挑発的に書いたところ、結構な反響がありました。畏友の瀧田さんから早速、田辺屋さんの「夏籠(なつごもり)」と「冬籠(ふゆごもり)」を頂くことに。ちなみに皆さんからは田辺屋さんを押す声が圧倒的でした。

で、冷えた「夏籠」を食べてみました。感想は「うっ!甘い。甘すぎる!でも、寒天が極めて上質なせいか、ぷりぷりした食感は抜群で、溶けるようなのど越しは抜群。美味しい。でも甘い。」でした。
d0047811_21585781.jpg


もともと和菓子は、江戸時代からある老舗、例えば、「虎屋」さんなんかでも、当時の砂糖の量と現代を比べれば「3分の2から半分」になっていると聞いています。江戸時代を持ち出さなくても、ここ10年くらい比べてみても相当減っていると思います。
d0047811_2222254.jpg

ちなみに、イタリアやパリのお菓子と比べてみても、日本のお菓子に用いる砂糖の量はかなり少なめです。
d0047811_22201.jpg

その中で、関西は東京スイーツと比べてみても、素材によりこだわるせいか、甘くないし、結果素材が活かされて美味い。その代表例が滋賀・膳所で愛されてやまない「ヤマダヤ」さんだと思います。


個人的な感想に過ぎないのですが、田辺屋さんの「夏籠」、砂糖の量が今より10%から12%落ちたら、全国あちこちに持って行って自慢します。

d0047811_2242434.jpg
ちなみに明日は佐賀の北方町長の松本さんが名誉町民になるお祝いの会になぜか、というか強引に呼ばれたので、佐賀に帰ります。とほほです。妻は実家の岡山へ。明後日は、高槻で市民フォーラムのパネラーで立ちます。また、来週沖縄へ。移動の際の読書と音楽が楽しみです。


来週は同じく田辺屋さんの「冬籠」をレポートします。

(画像は愛知万博「モロッコ館」です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-19 22:08

食育

今、一番関心があることといえば、それは「食育」。大阪医科大学のNさんから食育関係の本が数冊送られてきたので、これから勉強です。

ひょんなことがきっかけで、服部幸應さん(料理の鉄人に出ていたおじさんです。)が9月9日(金) が高槻市役所にお越しになります。服部さんは実は食育関係の第一人者。それまでに勉強していろいろ先生に質問をしてみようと思っています。今から楽しみです。

d0047811_239176.jpg
この服部先生の訪問を皮切りに、武部自民党幹事長、石原葵・農水事務次官(高槻高校のご出身)、厚生労働省のT室長さん、内閣府のM参事官、O総理秘書官(以前お仕えしました。)など、食育に造詣が深く、影響力を発揮してくれそうな人たちに直接アタックしようと思っています。

自分の経験からしても、国にはとにかく早めにアタックすれば、補助金の優先交付など相談に乗ってくれます。特に「食育」関係は小泉総理が言い出したものの、各省庁は困り果てているので、こっちから相談しにいって国を助けに行きます(これを読まれている他の自治体の方はご遠慮くださいね。)。


もともと高槻市役所勤務は2年間だったはずですが、3年目に突入しました(自分からお願いして居座ったとほざいている幹部もいるようですが・・・。事実は市役所首脳、総務省某審議官からお願いされてのことですよ。●★さん。)。

つまらない話はともかく、高槻に居るのもあと長くて半年になりました(これ以上延びるといろいろ問題が出てきます(笑)。)。最後くらいは、あまり遠慮せず、高槻のために、また関西のために、思う存分いろんなことにトライしようと思っています。
d0047811_2391927.jpg

「関大誘致」を第1弾とすると、「食育」は第3弾です。12月にはとある国際的な発表ができるかもしれません。ちなみに第2弾は9月半ばに記者会見します。オールジャパンからの反響が楽しみです。

(画像は愛知万博(国連館の写真)です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-18 23:10

名古屋・考

d0047811_1984214.jpg
昔から名古屋が気になってました。

馬鹿でかい道路や通路、黒味噌ドーン、手羽先礼賛、例を見ない華美な結婚式など、均質化してしまった日本の地方とは違う独特な文化、異形な社会と思って畏敬の念を持ったり、遠ざけたり・・・。


僕はそもそも九州の佐賀で、あとかかわりの深いという意味では、来週行く沖縄、それと東京、横浜です。異文化と思える沖縄ですら、実は絶大にトーキョーの影響を受けています。佐賀や横浜も似たようなものです。関西も、反東京という文脈で最近は「読める」気がしています。

しかし、名古屋は何回か行きましたが、その度に新鮮な驚き読めない。意外かもしれませんが、僕の中では沖縄の最西端の与那国島以上。


一時期、沖縄論を書こう、あるいは書いてくれという話があったのですが、この頃、名古屋が気になって仕方がなく、名古屋を極めてみたいと思っています。

さて、名古屋で途中下車、あるいはそのためにでも行ってもいいと思ったお店を紹介します。名古屋で何回か(栄の名店「いば昇」も行きました。)ひつまぶしを食べましたが、その中でベストのお店です。

その名は「三福」。金山総合駅から歩いて5分のところにあります。地元の人もあまり知らないディープなお店ですが、ちゃっかり、サライの名古屋特集の表紙!になっています。
d0047811_1985952.jpg

味はとにかく濃い!!関西人には強烈にのどが渇くと思われること必至。でも、美味いんです。鰻はかりかり揚げてあるし、最後のお茶漬けは鰻の出汁ではなくお茶。これがさっぱりしていけるんですね。
d0047811_1910620.jpg

あ~明日でも食べたい!

(画像は愛知万博、あと2枚は三福です。)
by fromhotelhibiscus | 2005-08-17 19:16

大文字

午前中は瀧田さんと広報課の打合せに同席。いろんな知恵を頂きました。

夜は、大文字の送り火へ。鴨川の風が頬に心地よく、秋が早足でこちらのほうに近づいているようでした。

d0047811_22373588.jpg

d0047811_22571454.jpg


今、報道ステーションを見ているのですが、民主党がマニフェストを明らかにしたとのこと。ネットで見ると、記述自体は分かりやすくてすごくいいと思います。自民党は出さないつもりでしょうか。でも、民主党の児童手当(毎月1万6千円!)を含む超大型の財政出動に伴う財源はどうするんだろうか?

一応、振り替え財源は書いてはある(17ページ)んですが、行政のプロの端くれとして言わせてもらえば、この程度では「無理」だと思います。マニフェストを出さない自民党、出しても無責任!?の民主党、まだまだマニフェスト先進国のイギリスには程遠いような・・・。

それでも、自治体の行政官としては、政治と行政を数字でつなぐマニフェスト自体は大歓迎です。
by fromhotelhibiscus | 2005-08-16 22:50

愛知万博

d0047811_22292615.jpg
愛知万博から戻ってきました。

昨日半日券、今日は一日券と1.5日万博に居ました。企業館は電力館のみ。すごく良かったです。H所長さんありがとうございました。

あとは、すべて各国館へ。混んでいるところはパスして、空いている所ばかり行って、バクバク食べてばかり。世界中の食べ物、特に一生行かないだろうと思う国のものばかり食べていました。その中で、アフリカ共同館に入りびたり、アフリカの食べ物を堪能していました。予想外に美味しかったです(万博は気力があったらレポートします。)。

d0047811_22294139.jpg
では、明日は瀧田さんとの打合せに備えて早く寝ます。

(比叡山延暦寺の根本中堂です。ここの魅力は全体を覆うどっしりとした質感です。)
d0047811_0235921.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-15 22:25