2014年 12月 10日 ( 1 )

県政諮問会議の創設

昨日、私を含む佐賀県知事選立候補予定者による公開討論会が佐賀市で開催されました。佐賀新聞の記事はこちらです。

オスプレイ、原発再稼働等の国家的課題について、知事選出馬の会見同様、かなり踏み込んでお話しましたが、この場で、県政諮問会議の創設についても少しだけ触れました。

県政諮問会議。今、考えていることは以下のとおりです。

特に国家的課題については、知事が独断と偏見で決めてはならない。また議決機関である県議会に提案する前に練りに練る必要があることなどから、知事直轄の県政諮問会議を創設したい旨、県政公約に書き込もうと思っています。

この諮問会議は、佐賀県内の各界代表者7名(予定)から成り、諮問会議事務局長は本部長級を充て、現在の政策統括監グループがこの事務局を担うことを想定。議長は知事が務め、常時副知事も出席。ここで県政を左右する重要案件について協議を行う。有識者等によるヒアリングも随時行われます。

会議はフルでオープンにします。

こういった重要案件について、知事が最終決定を下す前、あるいは、議会に提出する最終案を策定する前に必ず開くものとしたいと思っています。なぜか。重ねてでありますが、広く県民の皆さんのご意見を聞くためです。万機公論に決すべし。多聞第一でいきたいと考えています。
d0047811_14544837.jpg

d0047811_14544215.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-10 14:55