2013年 05月 09日 ( 1 )

武雄市では、全小中生4000人にタブレット配布へ

本日(5/9)、武雄市ICT教育推進協議会から私に対し、武雄市立小中学校の児童生徒に整備するタブレットPCについて、答申がありました。

協議会座長の松原聡東洋大学教授から私に対して、答申書が手渡され、「小中学校全学年の全児童生徒(約4,000名)全員に配布することが望ましい」と答申されました。

武雄市は、既に2年前、山内東小と武内小の4~6年生全員にiPadを配布。山内東小では整備後に、知識理解や技能成績が全国より高くなる調査結果が出ました。

松原座長は「これまでの実績と全校長が導入を望んだことが答申の理由。武雄市が先べんをつけて、国全体の教育を動かしてほしい」と発言。私から、「子どもたちは、就学前からタブレットを使っている。小中学で途切れることがないようにしたい。現場の希望もあり、全員配布が望ましい」、「来年4月以降、全学年、全児童生徒に整備するように取り組みたい」と発言しました。

記者会見では、財源、ソフトウェア等、いろいろ聞かれましたが、一定の市費負担の下、国等の負担をお願いしながら、整備を進めていきたいと答えました。

これから、どういうタブレットが望ましいかなどを武雄市ICT教育推進協議会に2次答申したいと思っています。本来、ICT教育は、タイや韓国、シンガポールの例を出すまでも無く、国がやらなきゃいけない。しかし、国の取組が遅すぎるので、松原座長がお話しされたように、武雄市が先べんをつけたいと思います。
d0047811_211535100.jpg
d0047811_21154290.jpg

d0047811_21161750.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-05-09 21:16