2012年 09月 08日 ( 1 )

Running、気持ちよい生活

今日は、親戚の法事、黄綬褒章を受章された伊藤醇六先生(元佐賀県宅建協会副会長)のお祝い会などが続き、夕方は空いたので、武雄に戻ってきた屋良ゆうさんと恒例の週末Running。
d0047811_2331181.jpg

橘町、北方町をのんびり走って、13.5キロ。田園風景の中を走るのは気持ちが良い。もう17時では、秋風が吹いています。

走ることで、生活で「区切り」ができます。単調な生活の中に、短いながらでも非連続性のあるコンテンツ(僕の場合はRunning、料理、読書)が入ると、毎日が楽しくなります。その中でも、料理や読書と違って、Runningは、空間も身体性も全く異次元になるので、より断層が大きくなります。

僕は出張先、旅先でも時間があれば、その時間だけ走りますが、走り始めてもうすぐ2年。運動と言えば選挙運動しかしたこと無かった僕が、今、ほぼ毎日走るなんて夢のよう。ま、いつまで続くか分かりませんが、ぼちぼちやっていきます。

明日も公務の連続ですが、また、走りたいと思っています。そういうわけで、天気予報はいつもかかさず見ています(笑)。
by fromhotelhibiscus | 2012-09-08 23:04