2011年 10月 24日 ( 1 )

「ランナーズインフォ」に注目したい

d0047811_1957035.jpg

自分が走るようになって、ちょうど1年。1年前は、40メートルで息切れ。それが、1キロ、5キロ、20キロ、43キロまで走れるようになりました。ただし、タイムは歩いているのと勘違いされる程度ですが。

今年は、武雄のトップセールスの割合が増え、全国、海外に足を運びましたが、出張、プライベートの旅でも、常にランニングシューズやウェアを携帯。滞在先のホテルで、朝食取る前に、走ってました。皇居も朝6時では、ほとんどランナーはいません。そして、公務や食事が終わった夜、22時くらいになると、東京もそうなんですが、地方都市でも、歩道を独り占め。

よくまあ、そんなに走りますね?と言われても、楽しいから走るのであって、今日は走りたくないと思う時、まさに、今日がそうでしたが、3キロ程度。もし、今週末の大阪マラソンがなかったら、走らなかったと思います。

そんな中で、あればいいなと思ったのが、やっと出ました。「どこを走ればいいの?あの人はどこを薦めているの?」というのが、海外だったら結構あるんですが、日本ではない。

そしたら、観光庁が、ランニングコース認定iPhoneアプリケーション「ランナーズインフォ」をオープン。コースの推薦を募集。僕も出そうと思っています。

さらに、観光庁が、ランナーズインフォメーション研究所を立ち上げ。これも期待できそう。写真がかっこいい。認定ランニングコースの発表を始めるようですね。


2か月くらい前かな、溝畑観光庁長官と話していたときに、「樋渡市長、これから、観光×RUN!ですよ。観光とランニングは必ず組み合わせると良いですよ。」と僕に強烈アピール。その時、僕もランナーだったので、全く同感。というのも、今年の4月、サンフランシスコ近郊の武雄市の姉妹都市セバストポールに行った際、信じられないくらい多くの市民が走っていましたが、僕が注目したのは、ランニングマップを持った観光客がホテルから走り始めていた場面。

この観光×RUN!は必ず、日本にも波及してきます。

武雄市では、観光×健康×ラン×ウォークを推進して行きます。溝畑さんに紹介して頂いた観光庁のスーパーランナー進藤さんと今、秘策を練っています。お楽しみに。

(写真は、ランナーズインフォメーション研究所から。)
by fromhotelhibiscus | 2011-10-24 21:38