2011年 10月 23日 ( 1 )

郷原さんの府知事選出馬はおかしい

最近、最も驚いたニュースは、これ

はあ????

ありえん、このブログでも紹介したけど、この人、こんなことも。

郷原氏は辞任要求取り消す発言…佐賀知事が説明


現時点で郷原さんの出馬の意向は伝わらないが、一体、何が問題か。

まず、テレビでこの人のインタビューを見たけど、「以前から知事職には関心があった。自分が府民から求められているのかどうかも探りたい」という趣旨の発言。

あのね、それは本末転倒。首長を含む政治家は、「何をしたいのか。何をすべきなのか。」が第一義にあって、その上で、公約を作成し、有権者に信を問うことが本筋。政治家はタレントじゃありません。英語でいえば、stateman。すなわち、主義主張を語る人間という意味なんですね。橋下さんの場合、最初から、危機的な大阪の財政を立て直すという明確な主張、今は大阪都構想があるんだけど。
d0047811_21581546.jpg


次の問題は、この人の出たがり主義。これもブログに書いたけど、電話でのやり取りを公の場で述べたり、自分が取り消したことは言わないままでいたり、自分が出席した県議会が終わった後、すぐ、テレビに出て、そのまま、いろんなテレビに出まくったり、やっぱりだと思いましたよ。この人は、自分の正義を語る(これは悪いことではないので、この部分は批判していない。)以上に、売名したかったんだなと。もし出馬したら、九電第三者委員会の委員長という立場を利用して、知事選のために出たんだということになる。それと、通常、この手の委員会は守秘義務っていうのがあるんだけど、たとえ、委員会規則には守秘義務が課されていなくても、普通はしゃべりませんよ。

そして、民主党。よくもまあ、大阪府をこうしたい、こうしなければという人じゃなく、本人も認めているけど、大阪とは縁もゆかりも無い人を担ぎ出そうとするよな。もちろん、この面は自民党の動きも同じですが、橋下さんを気に入らないからといって、政策じゃなくて、知名度で打ち負かそうとする、そんな姿勢が透けて見える。僕の市長選でも大串さんや原口さんからやられたが、なぜか、民主党が政策的に全く関係の無い人を応援して、僕を潰しにかかった、弱いものイジメそのままの構図。地方の選挙に担ぎ上げる段階から公党は口出すな。


これから、日本中が、大阪府、大阪市の選挙に注目すると思う。そのときにね、ぜひ、候補者本人に注目してほしいし、その取り巻き、特に公党の動きもぜひ注視してほしいと思う。

最後に僕のスタンスは、友人であることは度外視して、橋下さんの掲げる「大阪都」構想を支持します。大阪市は、僕から見てもあまりにムダが多く、役人天国。市民地獄。心底そう思います。
by fromhotelhibiscus | 2011-10-23 22:09