2011年 10月 09日 ( 1 )

筑後川マラソン(ハーフ)完走!

なんだかそわそわして朝6時過ぎに起床。石橋部長のプリウスで、上田哲也さんと僕ら夫婦を乗せて、一路、久留米へ。

そう、今日は、筑後川マラソン2011。ランナー5560名。ただ、会場が大河川そのものなので、そんなに多い感じはしませんでした。

僕ら夫婦のエントリーはハーフ。21.0975km。

なにせ、公式も非公式も含めてマラソン大会は初めてなので(武雄高校のマラソン大会は出場もしなかった。)、どうやっていいのだろうか、もぞもぞしていたんだけど、実にスムーズ。流れ作業のように、そして、ボランティアの皆さんの的確な動きで、あっという間にエントリー。
d0047811_1723996.jpg


スタートラインに立ったといえ、僕はD組なので、スタートラインから100メートルくらい離れたところ。スタートポイントでは、何に例えればいいんだろう、緊張感と興奮と。明らかに選挙告示の日とは違う。上手く言えないけど(笑)。

最初は、団子状態だったのが、徐々にばらけて、5キロくらい経った時は前後3メートルくらい離れるくらいに。自分と同じペース、6.5分/kmの人を探して、風よけにさせてもらって、走る。実は、気持ちが逸ってとにかく速く走ろうという気持ちになるんだけど、小出監督の新書に、「マラソンは我慢。前半のスピードを抑えるのも我慢。」とあったので、とにかく、抜かれても我慢。

河川敷なので、日陰もなく、さらに、凹地なので、周りの風景は河川だけなので、だんだん、飽きてくる。これが、このコースの弱点かな。しかし、まだ、10キロくらいまでは、その風景もとっても素晴らしい。

ずっと、6.5分/kmを守って、iPodはYukiとSuperheavyの新譜。快調。途中、市長頑張れ!の声援が。というのも、折り返しがいくつかあって、結構、誰が走ってるか分かる。ハーフの難所である15キロ超しても快調。地上温度は30℃超していたと思うんですが、河川の横なので涼しく感じる。給水所も実に快適。ボランティアスタッフの皆さんが渡すのを慣れている。20キロを超すと、さすがに息が切れてくる。ここで、嬉しい光景が。ボランティアや久留米市民の皆さんが、沿道で、頑張れ!、もう少しだ!って声を次々にかけてくれること。声援がこんなに嬉しいなんて、夢にも思わなかった。

一つだけやろうと思っていたこと。それは、残り1キロは、自分の持てる力をフルに使って全力疾走。とはいえ、4.5分/kmなんだけどね。最後は10人くらいごぼう抜き。これは爽快だった。

ゴールは腕を上げようか、どうしようかと悩んでいるうちに、ゴール。中途半端でした。
d0047811_17234873.jpg

2時間14分40秒が、僕のハーフの最初の記録。目標が2時間20分台だったので、正直嬉しい。


当然、僕は他のマラソン大会は知らないけど、この大会は実に快適だった。歴史があるので、みんなこなれている感じ。600名を超すボランティアスタッフの温かいホスピタリティにはうなりました。

さあ、明日から大阪マラソンだ。今度はフルなので、どんな展開になるのか楽しみです。
by fromhotelhibiscus | 2011-10-09 17:25