2011年 08月 29日 ( 1 )

9月議会、そして、今晩ふと思ったこと。

今日は、9月議会の記者会見。条例案と予算案。こちらをご覧くださいユーストはこちら

ポイントはこの2つ。
d0047811_238648.jpg

d0047811_238438.jpg


それは、学校×塾。土曜日や放課後に、塾の力、民間の力を入れていこうと。少なからずのこどもたちが、学校と塾との掛け持ち。しかし、なかなか、家庭や部活の事情で、塾に行きたくても行けないこどもたちがいるのも、事実。義務教育とは、すべからくこどもたちに同じ教育環境を整えること、そう思います。

そういった背景から、教育委員会と協議をし、市内の中学生の教育力向上に予算をしっかり振り向けよう。繰り返しになるけど、塾や予備校と、学校教育を分断するのではなくて、融合することで、英語等の学力を伸ばそう、そういう思いです。そのモデルは、寅ちゃんのブログをどうぞ

最初は小規模で始めますが、効果を見ながら、どんどん広げていきます。ご期待ください。


それと、今晩、ふと思ったのは、停電。今回の議案の中で、市民病院の医療機器の払い下げの案件がありますが、医療機器の中には、電気が必要不可欠なものがあります。例えば、人工呼吸器。もし、電気が止まれば、窒息ということになりかねない。

沖縄時代、とある医療機関で、手術中、停電が起きて、切り替えが、電力会社の職員が来ないとできないということでした。幸いにして、10秒で電気が復旧したので、ことなきを得たのですが、それでも、手術を受け持ったドクターは生きた心地がしなかったとのこと。人工呼吸器もそうですが、他の手術機器も初期設定が停電で吹っ飛んでしまって、どうにもならない状態に陥ったと話したのを思い出しました。


武雄市内で、医療機関において、停電等で電力会社の職員の出張を仰がなくても、しっかり対応できているかどうか、自家発電等の対応がきちんとできているのか、市民の命、健康を守る立場から、ちゃんと聞いてみようと思いました。
by fromhotelhibiscus | 2011-08-29 23:28