2010年 06月 27日 ( 1 )

ツイッター市長

今日は午後から、九州経営塾で、田村福大教授と一緒にセッション。3時間。左遷話から、市政運営、市民病院の民間移譲、営業部、広報戦略、バイトに明け暮れた大学時代のことから、21億円の訴訟までいろいろ話しました。その中で反応が良かったのがツイッター。早速、こんな反応が。

http://twitter.com/kail77hakakutai


田村先生に誘われ、土砂降りの中、イムズへ。あの話題のツイッター高校生のうめけん大名なうの山本さんが、ツイッターセッション。いきなり、田村先生に、

ここにツイッター市長が来ています!

と振られて、小学校のiPad教科書の導入やら、職員のアカウント持ち化構想、僕のツイッター体験の話をしたら、反応大。今度、田村先生と、うめけん、山本さんたちと一緒に武雄でツイッターを使ったイベントをしようという話に。これは面白そう。

今、ツイッターで一番注目しているのは、行政相談。いろんな相談が僕のところにオープンな形で来ています。同僚職員がアカウントを持ち、僕をフォローすることによって、いろんな対応ができると思うんです。

今日も感じたのですが、イムズに集まっている人たちは、行政は何だか遅い、暗い、やらない、というイメージですが、少なくとも今の武雄は違う。ツイッターを使った壮大な実験を仕掛けたいと思っています。
d0047811_0183259.jpg

d0047811_018528.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-06-27 23:59