2009年 06月 13日 ( 2 )

今日は岡山にいました

今日は用事があって岡山にいました。ただし、滞在たったの4時間。

それでも、途中、岡山市で開催されている草場一壽さんの個展にも参りました。さすが、草場先生、たくさんの皆さんが。

滞在中、岡山の医師会、公立病院関係者や各市役所の人たちとも話をしましたが、武雄市の市民病院民間移譲に関しては、テレビでも放映され、かなり有名で、突っ込んだ質問も頂きましたが、全員が全員、

武雄はうらやましい!ということでした。


ちょうど、3年前に、当時の企画部から、

市長、市民病院があと数年で破たんする、何とかしてほしい。市民病院が破たんしたら、ドミノ倒しで市の財政が倒れ、何の事業もできなくてなる。ひいては市民にその負担を負わせてしまうことになる、

という悲惨なレクを受けたのが夢のよう。あのレクを受けた日はさすがに一睡もできませんでした。どうすればいいんだ・・・。
d0047811_23413094.jpg


市民の皆さんに財政負担という重荷を背負わせることなく、地域医療の維持向上が図られる。今でも、市民病院に患者さんが多く見えられています。単月で初の黒字を達成しているようです。

これに加えて、今後、安定的な経営により、固定資産税等で10年で4億円~8億円、市の財布に入ってきます。

この財源を持って、子育てや福祉の向上に充てていきたいと思っていますし、また、雇用は500人、病院はすそ野の広い産業なので、観光や農業といった産業にも波及効果を及ぼします。

東部開発地区は、新武雄病院(仮称)、看護学校、看護学生寮を始めとして、さまざまな施設などが張り付いていきます。


理想が現実になってきました。ずいぶん良くなった今の市民病院でも、課題問題は山積しています。しかし、解決できます。静かにでも確かに応援したいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2009-06-13 23:41

新病院建設へ

d0047811_0251834.jpg
今日はこのニュースでもちきりでした。池友会側が、市の東部開発地区に必要十分の土地を確保し、再来年の4月開院を目指します

読売新聞はこちら

佐賀新聞はこちら


いろんな障害を乗り越え、大きな大きな山を越しました。9合目。

今日、私にも取材がありましたが、

このニュースはとても嬉しく思います。新病院が、地域医療の中核として、また、まちづくりの大きな一翼を担うことを期待しています。当然、武雄市民病院の暖簾を引き継ぐことになるので、人材派遣等市の適切な関与も考えています。

と答えました。


最後のヤマが、この議会に提案している議案です。議案の内容以上に注目を集めているようです。

この議案についても、自分の考えを形成する前に、副市長、担当部、弁護士、医療関係者や厚生労働省、総務省の知人から広範に意見を聞き、皆さんの英知を結集して、最終的に私も入り練りに練ってこの議案を作成しました。

多聞第一ですね。

市民の皆さんには、来週からの議会で、ブログで書いたことに沿って、私たちの考えを明らかにしていきます。また、所管の総務常任委員会での質疑を注目しています。

(記事はクリックされると大きくなります。)
by fromhotelhibiscus | 2009-06-13 00:25