2007年 08月 16日 ( 1 )

お盆読書日記

東京時代、不思議に思っていた企業がありました。

キラ星のように人材を輩出。目立つばかりのポジションではなく、黒子のようなところでも、きっちり、プロの仕事をしている。僕自身、何人か友達がいましたが、きついけど、楽しそうに仕事をしていて、みんな、我が事のように、自分の企業のことを愛していた。

その名はリクルート。

これは、創業者の江副浩正さんが飾らず書いた話題の本。一経営者としても、とても参考になりました。
d0047811_21404571.jpg


お盆はいろいろ本を読みましたが、もう一つ良かったのは、東野圭吾の「悪意」
d0047811_9124668.jpg

信頼するジャーナリストから推薦。本当と思ったら嘘だったり、嘘だと思ったらあらぬ方向に行ったり、ジェットコースターのような推理小説。ある意味、古典のアクロイド殺人事件の発展版。

ドラマもいいけど本もいい、そう思えた今年のお盆でした。
by fromhotelhibiscus | 2007-08-16 22:41