2007年 05月 25日 ( 1 )

バイヤー

市長になる前、なった後でも変わらないこと。その一つに、事業者の皆さんの集まりのサミット、展示会などは極力出かけるようにしています。人もモノも情報も終結し、うまくやれば必ずネットワークができます。

市内の事業者、職員の皆さんも行ってもらいますが、最近では、15日に西日本食品産業創造展へ。

タイ国政府貿易センターの福田さんのお勧め。詳しくは省きますが、武雄のレモングラス苗でタイまで手を尽くしてもらいました。福田さんとはひょんなことで知り合いに。人のつながりはありがたいです。
d0047811_91323.jpg
d0047811_915541.jpg

武雄の特産品になるものは無いのか。自分の勘と感性、知識を総動員して、真剣に聞いてまわります。今回は栗ペーストがヒット。武雄は栗がいっぱい取れるので、栗を使った製品ができればいいなぁって思っています
d0047811_911782.jpg

もう一つの収穫は、憧れの的、タイ料理研究家の第一人者・氏家アマラー昭子さんと意気投合。レモングラスに関して熱く語り合いました。早速、あちらこちらで、氏家さん、武雄のレモングラスを話されています。ありがたいことです。
d0047811_912743.jpg
d0047811_913837.jpg

市長になる前から、伊勢丹バイヤーが憧れ!?なので、そういう気持ちを忘れず、現場に出向いていきたいと思います。

(あれ!?福田さんがどこにも写っていなかった。)


西日本新聞主催の「武雄の四季」写真館をどうぞ
by fromhotelhibiscus | 2007-05-25 20:52