2007年 01月 24日 ( 1 )

有明抄

新聞には、その新聞の顔として、一面にコラムがあります。

朝日だったら「天声人語」、西日本や日経だったら「春秋」。そして、地元の佐賀新聞には「有明抄」という名物コラムがあり、新聞を全部読まない方でも、このコラムだけは読むという方もいらっしゃいます。画像をクリックされると大きくなります。
d0047811_2303085.jpg

その名物で鳴る「有明抄」に、僕が載ってました。「子どもと市長と語る会」です。しかも、今は亡きあの大瀬校長先生と並んで登場。極めて珍しいのですが、今日ばかりは、両親にも「有明抄に載ったばい」と電話しました。


子どもと市長と語る会。僕は特別の思いをこめて、この会を開始しました。一部議会でも批判がありましたが、信念でやろう!と決意し、魂をこめてお話をしてきました。

今までの様子はこのブログに載せていますが、話すうちに、子どもたちの表情が刻々と変わっていきます。この手ごたえが嬉しくて。

この会のある日の夜は、頭が痛くなるくらいに、へばります。それだけ、子どもたちの持つパワーの凄さが僕に乗り移るんでしょう。
d0047811_1893746.jpg

「いじめはいけないんだ!」、「命は大切なんだ!」と当たり前のことを子どもたちが思うこと。こう思ってもらうために、この会をやっていますが、庭木教育長の見事なリードが下支えになっています。ありがたいと思います。


今日、夕方、御船が丘小学校の近くを歩いてたら、「ひわたし市長!昨日の話は良かったよ~。また来てね~。」と小学生の一団から歓声が。

さあ、また武雄のために、そして、日本を背負って立つこの子らのために、頑張らなくてはと思いました。
d0047811_1853796.jpg

by fromhotelhibiscus | 2007-01-24 23:10