2005年 08月 20日 ( 2 )

佐賀にいます

今、佐賀の実家に居ます。高校卒業までこの実家に居たのですが、それ以降帰郷するのも年に1,2回ペース。それでも、また高槻に居るのと同じくらいにほっとします。反面、東京や沖縄は遠くになりけりという感がします。

さて、今日はスーツを電車に置き忘れて大童。義理の弟さんに終着駅(JRハウステンボス駅)に往復2時間かけて取りに行ってもらう羽目に。どうもすみませんでした!!

スーツに着替え、松本北方町長さんが名誉町民になられたので、そのお祝いの会に。300人以上集まっておられたのですが、郵政民営化反対の前自民党代議士やら全国町村会長やら、前知事やらいろんなその筋の方々が来ておられ、大盛り上がり。

僕自身、あんまりこの手の政治的なことを聞かれるのは苦手なので、身を潜めていたら、松本さんからいきなり僕だけ紹介され前に出される始末。なんだかとほほでした。

今日はそういう訳でくたびれ果てたので早めに休んで、明朝高槻にトンボ帰りして市民フォーラムに参加します。


今日は行きの新幹線でいい本を読みました。といっても大著なのでまだ半分もいっていないのですが、それは佐藤愛子の「血脈」。大正時代の感じがうまく出ていることと驚くべきストーリー展開で一気に引き込まれました。これは今年のベスト3に入りそうな予感です。
d0047811_21484433.jpg


それと、小林よしのりの「靖国論」を読みました。氏の明快な結論には概ね納得しますが、現状認識と結論には救いがたいギャップがあると思います。それを論理ではなくて情緒(特に怒り)で埋めているあたりが、氏に対する強烈なバッシングになっているのなぁって思います。でも、議論を行う上でも欠かせないいい本です。
d0047811_2149557.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-20 23:50

比叡山にパリ?

少し前の話になりますが、比叡山延暦寺に行った帰りに、気になっていた「ロテル・ド・比叡」へお茶をしに行きました。あと館内を散策しましたが、ここは完全にフランス。名だたるフレンチレストランも擁する全29室のオーベルジュといった趣き。

う~ん、混乱しました。日本の最も日本たるゆえんのところに、フランス・・・。またフランス振りが完璧すぎて、比叡山天台宗とギャップが広がっていく・・・。最澄や栄西はどう思っているだろうか(笑)。

d0047811_2315028.jpg
d0047811_23151134.jpg
d0047811_23153159.jpg
d0047811_23155151.jpg
確かに、フランスも一時期ナポレオン時代は異文化の最たるところエジプトに凝りまくり、コンコルド広場というパリの心臓部分に高さ23mのエジプトの塔(オベリスク)が。

異国趣味はイタリアもそうなんですが、ただし街に溶け込んでいるのが良く分かります。何で、比叡山にパリなのか。これは何も比叡山に限った話ではなくて、180°の違いといえば、大阪のリッツカールトンでも同じことを感じました。でも、これらのホテルって流行っているんですよね。う~ん、分からん(笑)。

(比叡山延暦寺の根本中堂です。木立から臨みましたが、なかなかの迫力でした。)
d0047811_0285284.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-20 00:29