2005年 08月 13日 ( 2 )

ロス・バン・バン

というバンドをご存知でしょうか。先週、村上龍のメルマガに紹介されてあって、その紹介が強烈でした。

ロス・バン・バンは常にキューバ音楽シーンの先頭にいて、誰にもその座を譲ったことはない。歴史的名作の『マリー・ルー』や『ロス・バン・バン1974』以来、彼らの新譜はいつも新鮮で、音楽的実験の宝庫だった。もちろん今回来日するメンバーも、そのサウンドも、最高のレベルが維持されている。イラケレ、NG・ラ・バンダ、イサック・デルガード、パウロ・イ・ス・エリテ、チャランガ・ハバネーラ、そしてバンボレオ、いろいろなオルケスタが新しいサウンドとパフォーマンスを生みだしてきたが、フォアン・フォルメル率いるロス・バン・バンだけは、まったく別格なのだ。36年に渡ってフォアン・フォルメルが行ってきた音楽的作業、ポップミュージックシーンにおけるその業績は、サルサの枠を越えていて、ビートルズやビーチ・ボーイズやローリング・ストーンズに匹敵すると、わたしは本当にそう思っている。       村上龍

とのことで、もともとキューバ音楽が好きな僕は飛びつき、天神下のローソンでチケットを購入し今晩、なんばhatchまで出かけてきました。
d0047811_093881.jpg

妻ともども最前列のかぶりつき。もちろん、席は無く、周りは踊り狂う。さすが日本のラテン大阪。メンバーも最初は少し固かったようだけど、またたくまにノリノリ。
d0047811_095980.jpg
d0047811_0101261.jpg

彼らの音楽は聴いたことがなかったので、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのようなひなびた感じかと思いきや、クラブそのもの。重厚な音の粒子で全身が吹き飛びそうな錯覚に陥るほどのグルーブ感。
d0047811_0102111.jpg

村上龍の言うビートルズやストーンズまではいかないまでも、ビーチ・ボーイズやらエアロ・スミスは凌駕していると僕も思う。予想していたようなキューバそのものとは縁遠いかもしれなかったけれど、これはこれで大満足、あわせて超一流とは何かを感じた貴重な夜になりました。
d0047811_0103294.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-13 23:58

スイカジュース

スイカが大好きです。

d0047811_1351633.jpg
夏の楽しみはスイカを食べることにあると言っても過言ではないかも!?

でも、いくら美味しいスイカでも食べ過ぎては飽きます。今日は夏の終わりにお薦めのスイカ・ジュースを、妻の薦めもあって掲載します。


レシピはぶつ切りしたスイカ、リキュール数滴(*これがポイント。スイカの生臭さを消します。コアントローをよく使いますが、もし無かったら、ブランデー数滴でもいいかも。)だけ。

これをミキサーに荒くかけるだけ。あまり細かくすると種が砕けすぎて苦くなります。ちなみに、これはキウイ・ジュースでも同じ話です。
by fromhotelhibiscus | 2005-08-13 13:51