2005年 08月 01日 ( 3 )

hongkong&macau restaurants

d0047811_22135237.jpg
一応、行ってきたレストランをば。5点満点で(なお、値段は高ければ★が増えます。)。

一応、今回もいつものように、日本で下調べは済ませて行ったので、大きな外れはないです。成果としては2キロ太って帰ってきたことでしょうか。今日から粗食の日々開始です。


(香港)
農園飯店
 味★★★★ 雰囲気★★★★ サービス★★★★★ 値段★★★★
一口メモ 家庭の惣菜の延長という感じの美味しさ。特に海老が美味しい。

福臨門酒家 味★★★★★ 雰囲気 ★★★ サービス★★★ 値段★★★★★
一口メモ 天才とはかくものか。非のうちどころ無し。昼間の点心も抜群。

羅富記粥麺専家 味★★★★ 雰囲気★★ サービス★★ 値段★
一口メモ ピータン入りのお粥に今回もはまる。計3回お世話に。

ヨンキー酒家 味★★★★ 雰囲気★★★★ サービス★★★ 値段★★★★
一口メモ 混み具合は尋常ではない。やや味は濃い目。鵞鳥以外も美味しい。

蘭芳園 味★★★★ 雰囲気★★ サービス★★ 値段★★
一口メモ ガイド無しではたどり着けない大衆的なお店。紅茶が抜群に美味い。渡辺満里奈のお薦め。

(マカオ)
カフェ・エ・ナタ
味★★★★★ 雰囲気★★ サービス★ 値段★★
一口メモ 無く子も黙るエッグタルトの名店。これだけ食べにマカオに行く価値あり!
d0047811_221281.jpg

義順牛妨公司
味★★★ 雰囲気★★ サービス★ 値段★
一口メモ 牛乳プリンのお店。上のエッグタルトに比べれば衝撃度は落ちるが、それでも食べる価値はあり。香港にも支店あります。

ガロ(公鶏) 
味★★★ 雰囲気★★ サービス★ 値段★★
一口メモ マカオを代表するお店らしい。スパイシーでやや濃い目の味で美味しい。

ナーム 
味★★★ 雰囲気★★★★ サービス★★★★ 値段★★★★
一口メモ 店の雰囲気はタイ高級店。味はややマカオ化。人によってはバンコクより食べやすいかも。
by fromhotelhibiscus | 2005-08-01 22:14

澳門かマカオかそれが問題だ

大した題名なんですが、大した中身ではありません。

マカオに訪れたのは、まだポルトガル領だった平成6年役所二年目の夏休み。国会担当で死ぬほど忙しかったのですが、閉会中はド・ヒマ。間隙を縫うように、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んですっ飛んで行きました(多分、この行為に及んだのは僕だけではないはず。)。

画像はマカオの街並みです。香港も変貌著しいのですが、マカオも国際都市に向かってまっしぐら。ただし、こっちはカジノがメインのようですが・・・。

でも、食事も美味しいし、香港ほど物価も高くないし、Eさんいわく香港よりユルユルだし人生に疲れた方にはお薦めの場所です。中国とポルトガルの融合、それがマカオ。でもだんだん、中国の一部である澳門になりつつあるので、今がお薦めです。
d0047811_18165748.jpg

d0047811_18172071.jpg
d0047811_18172976.jpg
d0047811_18173722.jpg
d0047811_18174582.jpg
d0047811_18175454.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-08-01 18:19

香港から帰りました

お久しぶりです。夏休みをとって、香港・マカオに行ってました。現地ではK夫妻、Eさんたちには大変お世話になりました。
d0047811_189733.jpg


さて、いろんなことを書くと一冊の本にもなりかねないので、食事に絞って書きたいと思いますが、その生生流転が激しいこと。行きたいと思っていたお店が潰れていたり、全く流行っていなかったり。

もちろん、その逆もあります。その意味で嬉しかったのは、世界遺産級の「福臨門」の復活(ちなみに大阪にも支店が。)。味だけではなくて、サービスもかなり良くなっていました。日本語を話すスタッフがいたのはびっくり。
以前の福臨門といえば、オシボリは投げ渡すは、ヒマなスタッフはぺらぺらおしゃべりしてたり。変われば変わるものです。

よく言われるのは福臨門は最低でも一人5万円はかかる、と言われますが、そんなことはないです。アワビ・フカヒレ・燕の巣をオーダーしなければいい話で、僕らのときは一人当たり5千円で済んだくらいですから。それにしても、以前Tさんに教わった「アワビの戻し汁で炊いた炒飯」は絶品でした。これも一人当たり5百円です。それと、昼間だったら上手く注文すれば一人当たり3千円で済みます。


話は大きくなりますが、福臨門に限らず、香港全体で食のレベルは確実に上がっていました。香港政府主催で、「香港料理大賞」という大イベントを毎年やったり、日本でも有名な料理評論家が実際にフードコート(辺鄙な地です。)を作って大盛況だったり、完全に食とまちづくり、イベントを組み合わせているからでしょう。
d0047811_1892213.jpg


香港はスケールがでかすぎますが、「食」で生き残ることを明確にしたまちづくりの戦略には学ぶところがあります。これから、日本でも、「食」を中心軸に据えて、まちづくりを行うところが増えてくると思いますが、どっちにしても、先手が一番だと思いますがどうでしょうか。

ただ、食といっても、幅が広くいろんな仕掛けがありますので、それは追々書いていきます。いろんなご意見心からお待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2005-08-01 16:02