パレスホテル

今朝の朝ズバッ!ですが、7時半前後に流れました。やはり、朝ズバッ!、反響が大きく、このブログのアクセス数も跳ね上がり、たくさんのメールを頂きました。いのししの加工センターCHOTOTSU-MOSHINが建設中ですが、この質問が多かったです。完成後、この春くらいにこのブログでも概要をお知らせしますね。

このCHOTOTSU-MOSHINもそうですが、国の補助金が必要になる場合があります。その際は大体、国や県と市の事務方同士で解決することがほとんどですが、行政では解決できないときに、市長の出番。その際は自ら霞が関をまわります。今は補助金の削減で、昔と違い、トップが呼ばれることが多くなりました。

もともと実務家出身ですが、昔のように予算を査定するよりは、説明やセールスのほうがはるかに性に合います。

東京も今では日帰り出張もありますが、大方の出張のときは泊まる必要があります。今は定宿はだいたい霞が関・永田町に近い丸ノ内ホテルですが、その前はいろいろ物色していました(もちろん、限られた出張費なので、自分で上乗せしています。)。

その中でも思い出深いのは、皇居の目の前にあるその名もパレスホテル。瀬戸内寂聴さんも愛したホテル。古色蒼然としたホテルながら、行きとどいたサービスとバルコニーのあるホテル。外資ホテルにはない落ち着きがそこにあります。
d0047811_16162515.jpg

そのホテルが2月いっぱいで閉じられ、キャピトル東急と同じ運命をたどり、高層ホテルへと変貌します。高さ問題でいろいろあるようですが、ぜひ、あの伝統は残してほしいと思っています。
d0047811_16164594.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-01-30 22:27
<< レモン×ミカン 明日の朝ズバに武雄市が >>