京都というか高槻の味

今朝ははよからA大路のMさんと話しこみ、へとへとになりました。眼光鋭いMさんの話を聞くときは体力が要ります。そういう意味では金曜日はツライ(苦笑)。

その後、6月議会の予算説明が三本。その間に盟友Sさんがお見えになり、沖縄のお土産のお塩を頂く。以前も頂き感動の美味しさでした。打合せもいっぱいで平均的な一日でした。

妻が赤ちゃんを産んだばかりのお姉さんのいるカナダに出かけているので、一人分、何を作ろうかなぁって思って、COOKPADを参考に作りましたが、期待したほど美味しくなかった・・・(苦笑)。醤油とオイスターソースと酢のバランスが悪かったです。やっぱりレシピどおり1:1:1が良かったかも。醤油と酢を入れすぎました。
d0047811_22184077.jpg


さてさて、食卓を囲む際に登場するのは、「黒七味」。これって山椒の風味が強く、関西以外に長く住んだ僕としては、これぞ、京都というか高槻の味です。最初は面くらいました。でも、今ではこれが無いと物足りないくらい。人間変われば変わるものです。  
d0047811_2217594.jpg

またまた、「黒七味」のお陰で美味しさが2割くらいアップしました。今日は積み残した本を読んで早めに休もうと思います。サッカーは無理かな。明日はK部長と、佐川美術館と滋賀のお寺に早くから出かけます。K部長、ご愁傷さまです(笑)。
by fromhotelhibiscus | 2005-06-03 22:25 | まちづくり
<< 今日は佐川美術館・・・ 高槻に足りないのは >>