なかひがし物語

京都銀閣寺近くの「草喰なかひがし」行ってきました。前回よりはるかに美味しかったです。今日から6月。メニューに若鮎が登場。

妻いわく、「今日のはピカソが普通の料理を作った。でも、(ピカソらしく)美味しかった。」とのこと。ここは器もいいし、客層もなごやかだし、味も優しいし本当にいいです。ただ、予約が・・・。

先付。今日のはエライまた次元が違う。
d0047811_002121.jpg

定番。白味噌汁とそば粉団子。
d0047811_003568.jpg

こんなに美味い鮎は、「千ひろ」以来。
d0047811_004616.jpg

ぐじとオレンジソース。上に載っているのは大徳寺納豆。恐るべし。
d0047811_005614.jpg

d0047811_01835.jpg

えんどう豆豆腐を浮かべたもの。美味かった。
d0047811_013030.jpg
d0047811_02327.jpg

d0047811_0548.jpg

隠れているのは何?琵琶湖の天然鰻の蒲焼。玉ねぎと混ぜて食べたら驚愕。
d0047811_0174252.jpg

こちらのいつものメインディッシュ。日本人で良かった。
d0047811_03610.jpg

デザートはちと弱かった。
d0047811_032275.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-06-02 00:10 | グルメ
<< 今日は朝から大阪府庁 なかひがし >>