動機

d0047811_2154043.jpg
この文庫「動機」は儲けもの。著者の世評高いクライマーズハイを読んでも、なんかくどいなぁって思っていたのですが、この本は短編の集まり。その中でも「動機」はやはり傑作。警察手帳の大量紛失の背後に息が詰まります。

「逆転の夏」は作りこんでいるきらいはあるものの、現実感がそれを覆い隠し、これも逸品。地方新聞の女性記者の話、裁判官の話、それぞれ、なかなかでした。


短編集はあまり読みませんが、大学時代、そのラストに衝撃を受けたサマーセットモームの短編集「雨・赤毛」と同じで、横山さんの作品は98%で寸止め。残りの2%は読者にゆだねるスタイルで、好感を持ちました。そして、久しぶりに時間を忘れてのめりこんだ本でした。

たまたま本屋で、見つけた本。がばい良かった。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-21 21:54
<< たけお競輪 はあぁ >>