レモングラス、全国88選へ

d0047811_20392763.jpg
武雄市が特産化を目指すレモングラスの栽培と加工品づくりが、国選定の「農商工連携88選」(pdf)に佐賀県から唯一選ばれました。

これは、強力に弾みがつきます。最後に、田代芳樹記者の取材で、私のコメントが載っていますが、まさか、正直1年でここまでこれるとは夢にも思わず。生産者、商品開発の方、レモングラス係(現レモングラス課)の皆さんのおかげです。


ただ、このレモングラス。批判にも相当さらされています。

a)なぜ、レモングラス課まで作ってレモングラスしかしないのか?
b)地元が乗っていないのではないか?
c)市長はやりすぎではないのか?


う~ん、

a)レモングラスを突破口にして、注目を武雄のレモングラスに集め、他の農業産品も一緒に売り込んでいく。そして、課の名前は分かりやすいことが一番。レモングラスがうまくテイクオフして、レモングラス課の役割が終わったら、次の重点政策の農産品の名前にしたいと思っています。

b)レモングラスも何でもそうだけど、まず、注目をするのは市外。取り分け流行に敏感な東京でに注目されてから、販路が広がっていく。そういう意味で、市内の観光業が本当に盛り上がるのは、来年の今頃ではないでしょうか。

c)僕自身かなりセーブしているつもりですが、市長でやり過ぎて批判を受けるのは僕くらいかもしれません(笑)。佐賀のがばいばあちゃんや楼門朝市もそうですが、最初の最初に徹底してやってスタイルを作らないと、まず、モノにならないというのが、少なくとも成功した例に通底する共通の考え方です。


武雄市民物語にもレモングラスの分析が載っています


そういえば、ずっと以前こんな記事も。
d0047811_22421652.jpg


(記事は西日本新聞です。)
by fromhotelhibiscus | 2008-04-13 20:41
<< 週末的な一日 馬場の山桜(一本桜) >>