JAPAiN

一瞬、JAPAiNと言う言葉を見たときに、綴りの間違いと思ったんですが、英誌エコノミストの造語で、規制緩和をはじめとする改革の停滞が日本に痛み(PAIN)をもたらしているという揶揄。

JAPAiN

上手いこと言うなぁって感心した反面、自民党も民主党もコケにされたものだと。地方行政に携わる身からすれば、民主党の「何でも反対」のほうが罪が重い気がします。いずれにしても、政治の機能停止を指した言葉ですね。産経新聞が手際よくまとめています

d0047811_2352257.jpg

今晩は、岩永浩美農林水産副大臣の国政報告会が朝日町であり、僕もゲストで呼ばれましたが、農政に関しては、この前の参議院選挙による自民党の歴史的敗北で、地域の声が大分活かされるようになったようです。

今晩も言いましたが、岩永副大臣と私が官僚時代からお世話になっています。もう10年になります。まさか、あの当時、こうやって国会議員と首長の関係になろうとは・・・。

今日の講演も説得力がありました。


明日は楼門朝市。2回雨で飛んだのですが、明朝は大丈夫そうです。
by fromhotelhibiscus | 2008-04-05 23:05
<< 散る桜 残る桜も 散る桜 武雄市民物語 >>