立ち位置

昨日で小林よしのりの「台湾論」を読み終わりました。文字通り、台湾で焚書になったいわくつきの本で、小林よしのりさんが入国禁止のブラックリストに載るきっかけとなった本。

首をかしげるところが無いわけではなかったけど、これだけ、著者の立ち位置がはっきりしているのはすがすがしい。
d0047811_22191812.jpg


一方で、尊敬する船橋洋一の「日本孤立」も読み終わったんですが、こちらは、六カ国協議、日米関係、アジアから、日本が孤立している姿を赤裸々に。

僕の読解力のせいだと思いますが、なぜ、日本が孤立するのが悪いのかがはっきり分からない。船橋さんの立ち位置がはっきりしないからなのかなぁって思いました。
d0047811_22193874.jpg


今日は夕方からホテルオークラ福岡で開かれた台湾の96年国慶記念祝賀会へ。500人は超えていました。武雄の知名度が上がっているので、いろんな方々が私のところへご挨拶に。ちょっと感動しました。市民の皆さんのおかげです。

その一方で、台湾の立ち位置に思いを馳せたひと時でした。
by fromhotelhibiscus | 2007-10-05 22:19
<< 郷土料理 九州三湯物語 >>