地域医療はとても大切!

今日もまた怒涛の一日でした。朝から晩まで走り倒して、夜は伊万里で個人演説会。街頭演説は今日だけでも20か所以上。今日は、医療関係のことを多くお話しました。


武雄市では市民病院を民間移譲して、新武雄病院となったのは、ご存じの方も多いと思います。武雄市みたいなちっぽけな地域に、24時間365日の救急病院があるんです。佐賀県内、いや県外からも、たくさんの患者さんがいらっしゃいます。

9年前、私が市長に就任したとき、市民病院は不便な場所にありました。市街地からも離れて「山の上」といわれていました。累積赤字は15億円超。赤字は毎年増え続けて、医療設備への投資もままならない。それどころか、患者さんのたらい回しは常態化し、病院の存続さえ危うい。そんな状況だったんです。

新武雄病院となって、武雄市の真ん中に場所を移しました。最新式の医療設備が設置され、ヘリポートも完備しました。いまでは武雄のみなさんはもちろん、佐賀全体の地域から患者さんがいらっしゃいます。

病院の存続さえ危ぶまれていたのが、医療関係者のみなさんの力によって「医療なら武雄!」、そういわれるまでになったんです。医療の充実は、地域行政の最重要事項です。医療こそが、みなさんとご家族の命を健康を守るものだからです。

私は、佐賀県で二つの医療を実現していきたいと思います。

一つは、医療拠点。佐賀県内にいくつかつくりたいと思うんです。身近なところに、身近な医療。医療を充実させることで、安心して暮らせるまちができます。

二つめは、予防医療の充実です。生活習慣の見直し。病気の早期発見。医療データの活用。これらを通じて、みなさんが健康で安心して暮らせる佐賀をつくりたい。

地元の開業医のみなさんと連携して、武雄は本当に住みやすいまちになりました。子どももお年寄りも、安心して暮らせるまち。医療が充実したまちには、人が移り住んできます。雇用も生まれる。まちが活気づいていくんです。

新武雄病院の設立は、決して楽な道のりではありませんでした。病院のみなさん、有権者のみなさんの力あってこそです。私自身は、地域医療をなんとかしたい、住む人の命を守りたい、その一念でした。

その経験と実績を少しでも活かさせていただけるなら、佐賀県の地域医療の充実に、全力で取り組んでまいります。みなさんが安心して暮らせるまち。家族や大切な人たちを守れるまち。住む人たちにとって、なにより大事な命と健康を守れるまち。そんな佐賀をつくるために、全身全霊、取り組んでまいります。

d0047811_22514635.jpg

d0047811_22515353.jpg

d0047811_22515826.jpg

d0047811_2252436.jpg

d0047811_22521025.jpg

d0047811_22521984.jpg

d0047811_22531868.jpg

d0047811_22532329.jpg

d0047811_22533063.jpg

by fromhotelhibiscus | 2015-01-05 22:55
<< 今度の個人演説会の日程です ポスター変えます! >>