議会、各種団体の視察

連日、多くの視察を頂きますが、各団体5名以上を条件にお受けしています。それでも、ダブりが出てきます。大変恐縮ながらご一緒させて頂くことが多くなりました。今日は、老人会総会を挟んで、2回説明に立ちましたが、順不同で、埼玉県八潮市議会8名、埼玉県越谷市議会8名、東京都昭島市議会10名、横須賀市議会5名、茨城県土浦市議会7名、群馬県桐生市議会7名、小城市議会7名、計52名、そして、NPOや商工会議所の方もお見えになっていたので、80名の皆さんが武雄市、特に、図書館へいらっしゃいました。毎日、そんな感じです。

沸騰!図書館 」にも書いていますが、メディアはとても派手に伝える一報で、手続が地味でオーソドックスなことに、皆さん驚かれます。前人未到の領域だったので、いろんな失敗もしてきましたが、それでもあえて言えば、「良き結果は必ず良きプロセス」。これが僕の今までの職業人生でいつも感じていたことです。あと、市議会の果たす役割がとても大きい、ということもあわせて力説しています。

よく勘違いされますが、首長には提案権はあるものの、決定権はありません。決定権は全て議会に「議決」という形であります。首長は、この議決に基づいて誠実かつ真摯に事務を執行する役割しか法制上、与えられていません。

ともあれ、あらゆる場に可能な限り出て、自分の意見を直接、生で語ることが大切だなって思っています。というわけで、今回も鹿児島県で開催されている九州市長会は欠席。少なくとも、私にはこの市長会の意味は皆目分かりません。長い会議、長い移動、そして宿泊を考えた場合、私は、市内用務を優先します。
d0047811_17352745.jpg
d0047811_17353322.jpg
d0047811_17354078.jpg
d0047811_17354405.jpg
d0047811_17354902.jpg



by fromhotelhibiscus | 2014-05-15 17:37
<< 【書評】沸騰図書館 by 藤原和博 「美味しんぼ」問題について >>