多久市長選では、木島武彦さんを応援します。

今日、武雄市のお隣の多久市において、市長選の告示。8日(日)に投開票。1週間の選挙戦に突入しました。16年振りの市長選だそうで、4年のうち3回市長選をした武雄市とは大違い。

それはともかく、私は、元多久市の職員だった木島武彦さんを応援します。僕は口だけ応援する、ってのは大嫌いなので、今まで数度、そして、今日は出陣式、夜は個人演説会に伺い、応援演説をしました。

隣の市長選に応援に行くのも異例ならば、対立候補を応援するのはもっと異例だと思いますし、新聞記者さんたちからも、「どういう意図ですか?」って聞かれました。


7年間の武雄市長として任期のうち、医療、観光、さまざまな連携を呼び掛けてきたが、現職からはなしのつぶて。挙げ句の果ては、市民病院の民間委譲の際は、一番、僕が苦しいときに、批判される始末。また、最近では、新武雄病院で開いた佐賀県市長会での写真について、それを出してはいけない、などと、訳の分からん、ご指摘が。だったら、来るなよ!って言いたい。

直近でもいろいろ理解しがたい動きがあって、とても、トップ同志で信頼関係を築くのは難しいと判断すると同時に、木島さんからは、ぜひ、武雄市と連携してまちづくりを行いたいというオファーがあり、市議会、私の後援会などいろいろ相談した上で、木島さんを応援することにしました。

しかし、現職と信頼関係が築けなかったのは、私にも責任があります。何も、横尾さんだけを責めるわけでも無いですし、僕と比べれば、人間的には横尾さんがはるかに立派。それは認めます。

次は、4日(水)19時〜の多久市中央公民館で開かれる木島さんの総決起大会。多久市の皆さん、ぜひ、お越しくださいね。
d0047811_22485473.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-09-01 22:48
<< 地味なところに一番大切なことがある。 東北地方を中心に武雄市に200... >>