目もくらむような一日

今日は、あの「料理の鉄人」で名を馳せた服部幸應氏が高槻市役所を来訪。実はこの方、食育の伝道者として活躍中で、小泉総理の懐刀。市長との食育談義大いに盛り上がりました。この模様は10月10日発行の広報たかつきや市役所メルマガに掲載します。
d0047811_02832.jpg

さて、その後、服部先生に1時間近く拉致されていろいろ相談をしました。これだけでも一冊の本にしたいくらいですが、また、一つ大きな夢が実現できそうです。しかし服部先生、頭の回転が非常に速く物腰の柔らかい見事な方でした。この出会いをプロデュースしていただいたNさん。ありがとうございました。
d0047811_022310.jpg


その後、すぐに関西電力高槻営業所長の細見さんのところへ。10月5日(水)に講演を依頼されているのでその打合せ。僕自身の電力会社へのイメージが細見さんの魅力的な人物像によって相当変えられました。

講演の打合せはそっちのけで1時間半、お忙しい所長をジャックして、いろんなお話を伺いました。

実はもうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、所長はあの名ブログの作者たいこうさん。僕の起伏のあるブログと違い、しみじみした奥行きのあるブログなので、ぜひ、ご一緒に読んでください!?


その後、ユアサ案件でAさんと打合せ。この人もスゴイ。また、僕が考えてもいなかった案をガツンとかましてくれました。30分しか時間をとれずにすみませんでした。


夜は某レストランで、同世代のNさん夫妻と会食。カリスマ経営者として確実に名前が残る人で、いろいろ夢のある話を語り合いました。この世界的にも知られているスーパーレストランを高槻のとある場所に誘致しようと頑張っているのですが、市役所内の抵抗勢力がそれを阻んでいるので、どうしたものかと思っていたところ、ありました!適地が。それも二箇所。

人間追い込まれると知恵が出るものです(笑)。


というわけで、今日は本当に本当に前向きなスゴイ方々とお会いして、お話をして、気持ちのいい一日になりました。一年を一日で味わった感じがしました。

皆さんありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2005-09-30 23:59
<< 瀧田さんとスープ 映画と本と仕事と >>