なんで武雄なんですか?

面白い人間を採用しました。永田裕美子さん。「松戸→福岡→島原→福岡→NY→東京→島原→東京→4月から武雄市。 6歳の口が達者な娘LZと、もうすぐ2歳になる雑種PDに支えられています。」と題し、 「私らしく、等身大で!(To be myself)」ってBLOGを書かれていますが、私のことを触れてもらっています。
d0047811_2154549.jpg

この永田さん、直前は、テレ朝のディレクター。他のテレビ番組の収録でリアルでお会いしましたが、強烈に面白い人でした。その永田さんが、武雄市役所をなんで目指されたのか、良く分かりませんでしたが、このBLOGで分かりました。僕のストーカーだったんですね(笑)。今は、Facebookなどで良く分かるんですね。居場所まで。

正確に言うと、永田さんは武雄市役所の職員では無いんですが(総務省の補助金を、永田さんの人件費に充てています)、職員と同じように頑張ってもらいたいです。だから、席もつながる部にもあります。いつか起業してもらいたいと思っています。

ともあれ、永田さんは宇宙人。何度も言いますが強烈です。公務員の組織は、僕も長く居たので分かるんですが、公務員系ばっかりだと、受け身・事務的・官僚的になります。だから、こういう破天荒系が必要。だから、永田さんにはどんどん組織をかき混ぜてほしいと思います。異なるものがぶつかる、そういう中からしか、新しい発想は出てこない、そう信じています。

(写真と永田さんは関係ありません。)
by fromhotelhibiscus | 2013-04-21 21:55
<< 2年半で5000キロ走った! 【書評】間抜けの構造 (新潮新書) >>