御船が丘小学校訪問記

今日は突如、御船が丘小学校へ。武雄市内最大のマンモス小学校。この小学校は、規模もでかいし、そもそも、校舎が迷路みたいなので、古賀直喜校長先生に同行をお願いしました。きさくに、応じられた校長先生。ほとんど、古賀校長とは話したことが無かったのですが、どういう人なんだろうって思いながら歩いてましたが、圧倒的に児童から人気がありました。休み時間、校長に、児童がまとわりつく。しかも、馴れ馴れしくなく、節度と礼節がそこにありました。低学年にその気質が見られたのは驚き。僕も相当まとわりつかれました(笑)。校長の大らかなご性格が、この学校に浸透している、そう思いました。
d0047811_2319128.jpg

今日もまた休み時間中に、児童からいろいろ聞きました。ここは武雄市図書館のすぐ近くなので、ほとんどの児童が行ってますが、リピーターと化していました。30人くらいに、前の図書館と、今の図書館、どちらが良いかって聞いたら、100%、今が良いと。今日の放課後も、絶対に行くから、市長さん待っててね、って声が。児童からすれば、メディアの影響で、「武雄市図書館=私」になっている(汗)。

どこの小学校も、僕の認知率は、小1は10%、2年生は20%、3年生は60%、4年以上は100%になります。良くも悪くも、家庭で話題になっているようで。また、テレビの影響はでかい。

山内中も雰囲気が良かったのですが、この小学校も凄く伸び伸びしていて良かった。また、先生と児童の距離がとても近い。この小学校に、僕は元気を頂きました。感謝です。
d0047811_2314634.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-04-17 23:20
<< 東京駅に足りない干支が、武雄温... 【お知らせ】エンタメで学ぶ「恋... >>