佐賀新聞の対応は評価したい

今日の佐賀新聞が運営している「ばってんがサイト」に、「知的基盤を奪われる武雄市民 武雄市図書館・歴史資料館問題(2)」と題して、井上一夫さんという方の記事が載っていたが、心底驚いた。

基本的に批判は良い。しかし、「2階の書架はキャットウォーク(点検通路)でアプローチしなければならず、地震時にはこの蔵書は1階フロアに一気に崩落し、人的被害が出る可能性が強いと思っている」

とあるが、これって、広義の風説の流布ですよ。行政が相手だったら、何でも言って良いんでしょうか、サガ新聞社さん。この箇所に関しては、国土交通省の定めた建築基準法に準じて全てキャットウォーク部分も設計建築しているし、武雄市役所まちづくり部においても、建築基準法等に基づき、認可を出しています。ここを否定するということは行政自体の認可システムを否定するにもつながる。また、本の落下についても本棚の上段(H2100㎜以上)の棚は落下防止の柵を設けて、落下対策はしっかりと行います。それ以上に、何ら根拠もないのに、また、取材も無く、「一気に崩落し、人的被害が出る可能性が強い」と書くあたりは、これって異常ですよ。

井上一夫さんは、新武雄病院の候補地の選定に当たっても、ある地域で、武雄市が説明会を行おうと舌際に勝手に遮断する問答無用の猛者。ま、それはともかくとしてもね、あの東日本大震災を意識しない設計というのはあり得ません。

ついでに、「図書館は奥におしやられ2階に追い上げられてしまっている」とあるけどね、そもそも今回の図書館構想では「本との出合い」を最大化すると何度も言ってます。なので、旧来、「開架 8万 閉架10万」が基本「開架 20万」というの図書館に変えています。

これで市民への本の出合いは触れ合うレベルで2倍に上がる建築にしている。図書館を奥に追いやると言うが、静かすぎる図書館とコミュニケーションの場としての図書館の新しい存在価値の両方を実現する為に落ち着ける空間を奥に入れて、「学ぶ」要素の強いジャンルは2階に上げて、無音対策している勉強室を設置するんだけど、それが駄目ということですか?
d0047811_23175494.jpg

井上一夫さんが何を書いても自由。しかし、「知的基盤を奪われる武雄市民」という表題で、佐賀新聞社が運営するサイトに書くのは問題だと思って、今晩、佐賀新聞社に抗議しました。

「では、どういう対応をすれば良いか?」との指摘に対しては、私からは、「それこそ、佐賀新聞社が考えることである。私が何らかの対応を要請すれば、それは表現の自由を阻害し、場合によっては検閲になりかねない。」と申し上げました。あわせて、「何らかの対応をされる場合には、その理由を明記してほしいし、私からの抗議に関しても、事実その通りなので書いてくださって構わない。」と伝えました。

その結果、サイトにありますが

昨日26日にアップした「知的基盤を奪われる武雄市民(井上一夫さん)」のブログ内容について、武雄市の樋渡啓祐市長から27日夜、抗議を受けました。抗議をいただいた主な点は、「(2階の)書架も開架式といいながら、高さは天井まであり閲覧者が自分で取りだす事はできない。2階の書架はキャットウォーク(点検通路)でアプローチしなければならず、地震時にはこの蔵書は1階フロアに一気に崩落し、人的被害が出る可能性が強いと思っている。」という表現です。

樋渡市長からは「個人のブログならまだしも、佐賀新聞が運営するブログ論壇サイトでこうした表現を記載すれば、佐賀新聞が人的被害が及ぶと書いたと同然だ」というご指摘をいただきました。佐賀新聞のブログ運営担当者としては、「人的被害が出る可能性が強いと思っている」という表現は、「思う」という言葉遣いをしているため、読む側が個人の主観によるものだと判別できると考え、原文のまま掲載しました。

樋渡市長がおっしゃる通り、ブログに記事をアップした「ばってんがサイト」は佐賀新聞が運営しています。「『思う』という言葉遣いをなさっているじゃないですか」という一点張りで言い張って、樋渡市長の抗議をきちんとお受けしないのはちょっと今時いただけないと考えました。佐賀新聞社のブログ運営担当局として、冷静に考える時間をくださいということを樋渡市長にお伝えしたうえで、26日にアップした記事をいったん非表示とさせていただきました。さらにそのうえで、一連のいきさつについて明記してほしいという樋渡市長からのお話しを受け、ブログ運営側としても説明は当然必要であると考え、このお知らせをアップさせていただきました。

以上、まずは簡単ながらいきさつをお知らせさせていただきました。ブログを非表示とする際、システムの都合上、せっかくブログに付けていただいたコメントまでが見えなくなってしまうことがあると存じます。たいへん申し訳ありません。一連のいきさつについて、趣旨ご理解いただけると幸いです。
(佐賀新聞社メディア戦略局リーダー・樋渡光憲)


ということに。この佐賀新聞社の素早い対応には評価をしたいと思います。こういう説明責任をしっかり果たす姿勢を見ると、清々しさを感じます。僕も見習いたい。
by fromhotelhibiscus | 2012-12-27 23:20
<< 1年お疲れ様でした 安倍内閣に期待すること >>