佐賀新聞の言い分

d0047811_19454364.jpg

私の市議会での発言を踏まえ、そして、昨日のブログが影響したかどうかは分かりませんが、とにかく、今朝の佐賀新聞に、佐賀新聞としての言い分が掲載されました。

早速、今朝のtwitterには、出勤直前に、「今日、一般質問4日目。最終日。佐賀新聞に「蘭学館「閉鎖」という表現に関して、佐賀新聞に対する私の批判、それに対する回答が掲載されていたが、ほぼ意味不明。ただ、ちゃんと書いたという意味では評価したい。」と載せました。

今でもその思いは変わりません。見出しの正当性と記事との整合性、そして、当事者である私への批判に応える、という意味では、意味不明な記事だけど、それでも、こうやって、即座に記事を載せたというのは、寡聞にして知らない。評価したいと思います。

今日、山口昌宏市議が、質問で、「事実上の佐賀新聞の謝罪だから、市長も矛を収めよ」という趣旨の発言がありましたが、僕はこれが謝罪かどうかは分かりませんし、佐賀新聞はそのつもりはないでしょう。僕は、今回の件で、謝罪という行為自体には全く関心がありませんが、重ねて、土俵に乗ったということについては、嬉しい。

今まで、佐賀新聞は、市民病院の民間委譲を始め、私の市政への批判など、筋違いや事実誤認でも、書きっぱなしで、一方通行が多かったのが、こうやって、歩み寄って頂いたのは、嬉しい。佐賀新聞の姿勢は受け入れたい。

最後に、今日の議会でも申し上げましたが、「佐賀新聞は購読しない。」と言ったのは、明らかに言い過ぎです。ごめんなさい。

これからも是々非々でいきましょう。
by fromhotelhibiscus | 2012-12-13 21:48
<< 南砺市③〜薪の音〜 佐賀新聞の記事はおかしい >>