佐賀新聞の記事はおかしい

佐賀新聞は僕に恨みがあるんでしょうか。市長選出馬のときは、当時の古賀記者には、その報道を巡ってだまされるし、市民病院の民間委譲の際には、かなり、デフォルメされたり、そりゃまあ、いろいろありました。

僕にも責任があります。そりゃ、言いたい放題だし、詰まっていないものを勢いで言いますので、その扱いには困るというのも良く分かる。

が、それでも、やっていいことと悪いことはあります。それが、今朝の佐賀新聞。

これって?

蘭学館が閉鎖?
d0047811_17544116.jpg

蘭学館の持つ機能は、昨日の吉川市議の質問の場で申し上げた(49分40秒過ぎ)んですが、あくまで、見せる内容、そして、展示スペースも拡張するというもの。そういう意味では、見出しを含め、淡々と事実のみが書かれている西日本新聞は正しい。方針変換という批判はそりゃ受けます。
d0047811_17544421.jpg

一方で、佐賀新聞は、記事そのもの(これは正しい)と見出しが乖離しすぎ、蘭学館が閉鎖なんてとんでもない。もし、蘭学館の中、今度、CDとDVDを置きますが、百歩譲って、この蘭学館の中身の資料や展示物を捨て去るとかね、どこか違うところに置けば別ですよ。

この中身を、きちんと、図書館の中の展示室に置くとあれだけ言っているのにもかかわらず。かつ、担当記者の横尾さんからは、昨晩、選挙応援でぐったりしている21時過ぎまで、取材を断続的に受けてました。重ねて言いますが、僕は横尾さんの書いた記事にいちゃもんは付けてません。見出しです、見出し。

今日、議会でも言いましたが、武雄市役所は公費で佐賀新聞をとっていますが、記事に訂正がない限り、やめますし、私もやめます。もう、読む気がしない。あれだけ、取材協力して反対のこと書かれたらたまらん。批判はあっていいんですよ、批判は。嘘や誹謗中傷はいけない。

また、これも答弁しましたが、今後、佐賀新聞の一切の取材もお断りします。僕はこう見えて、あまり怒らないんだけど、マスコミの権力のもとに、こういった見出しを付けること自体、僕は許せません。

佐賀新聞の反論を聞きたいものです。しかし、この新聞、社説を真っ向批判したときも何の反応も無い。

今回は反論その他お待ちしています。

以上。
by fromhotelhibiscus | 2012-12-12 21:26
<< 佐賀新聞の言い分 地域の所得向上って? >>