【書評】海賊とよばれた男

d0047811_19144431.jpg

d0047811_19151529.jpg

海賊とよばれた男

私にとって、この本を超えるものは出てこないと思う。これほどの日本人がいたのか、という思いで、本を閉じましたが、衝撃の本でした。

出光興産の創始者である出光佐三の自伝的小説であり、出光興産が国岡商店、氏のお名前が国岡鐵造となっています。

裸一貫、終戦直後、途方も無い借金の山、そして、誰一人社員をクビにしない。そして、石油メジャーの支配を受けない日本を代表する石油会社を作り上げた大立者。様々な人間を助け、また、助けられ、「儲けるな!日本のために事業をやれ!」の理念の下、「タイムカードなし、出勤簿なし、馘首なし、定年なし」という絶対的「人間尊重」を掲げ、社員を大家族として同一視する。

妥協を排し、徹底的に、理不尽な石油メジャー、我が国の政府と戦い、世界を相手に堂々と日本人及び日本の存在を知らしめた姿に圧倒されました。

下巻の、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP社)に支配されていたイランが国有化を宣言したため国際的に孤立、経済封鎖で追いつめられ、1953年春、極秘裏に一隻の日本のタンカーが神戸港を出港したという、世に言う日章丸事件。ここが白眉となります。


著者は、 百田尚樹。佐賀に戻る飛行機の中で、読みながら泣いて、キャビンアテンダントに、「大丈夫ですか?」と声をかけられてしまった名著「永遠の0」。この本と同様に、読みやすかった。


敗戦の日の今日。

95年という明治、大正、昭和と日本の激動を駆け抜けた出光氏の人生に思いをいたし、青臭いですが、この本を指針にしながら人生を歩もうと思いました。

様々な困難が立ちはだかりますが、自分を信じ、人間を信じ、そして、地域のため、国家のため、頑張れば、何とかなると思える、清々しい本です。百田さん、ありがとう。


ここからは余談ですが、9月発売のある雑誌に、丸々1ページ、私のお薦め本が登場しますが、この本を出したいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2012-08-15 20:33
<< 【書評】ホンダ イノベーションの神髄 スターバックス×武雄市立図書館 >>