武雄市図書館○蔦屋書店

今日、東京代官山の蔦屋書店で、TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との間で、武雄市図書館の企画・運営に関する提携で基本合意した旨、会見しました。夕方、古川知事のご厚意で、佐賀県庁会見室において、同内容の会見。そして、サガテレビに生出演しました。

午前の会見はこちら

午後の会見はこちら


共同通信は既にこのように配信しています

一言で言えば、言いたい放題。痛快な日でした。僕の持論である「地域が元気になれば、日本が元気になる。私たちはそのロールモデルになりたい。」と。これから進むのは前例もないですし、道無き道を歩んでいくことになります。そういった中で、ご批判を含む意見をぜひお寄せください。

私は、現在1億4500万円の年間予算を最低でも1割削減し、その上で、抜本的に図書館サービスを向上させる、その決意です。その中で、企画会社としてのCCCのノウハウを公立図書館である公共施設に浸透させたい。そのことによって、市民福祉の維持向上を図る、そういった思いで、来年4月1日のリニューアルオープンに向けて、CCC、市民、議会と連携していきます。ご期待ください。
d0047811_224134100.jpg

d0047811_22412645.jpg

d0047811_22411775.jpg

d0047811_224056.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-05-04 23:01
<< 図書館貸出情報の扱い、ご安心く... 今日11時から記者会見します。 >>