これからはiSopsの時代だ。

今日は、楼門朝市、北方町の四季の丘フェスタ、若木の大楠の里でスケッチ大会(30年振りにスケッチしました(笑))、武内町長寿会、披露宴と続きました。

最近、僕は職員に対して、「情報を発信するな。共感を発信してほしい。」と言い始めました。これは市長就任6年でやっと分かってきたこと。無味乾燥な情報を提供するより、共感を共有したほうが、同じ情報でも広がり方の強度が全く違う。また、いろんなところから、武雄市のFacebookモデルはなぜうまくいっているのか、教えてほしいという要請もありました。

もちろん、「共感」に関しては、僕が最初に言い始めた訳ではなく、さとなおさんが、SIPSというモデルを出しています。僕は全くこんなモデル関心がありませんが、それでもこのモデルはよく出来ている。

SはSympathize(共感する)
IはIdentify(確認する)
PはParticipate(参加する)
SはShare & Spread(共有・拡散する)

がさとなおモデル。SNS時代の1つのモデルなんでしょうね。


でも、僕は少しだけ違和感。というのも、共感する・確認するというのは、気持ちの動きとしては同一のタイミングだし、かなり被っている。だから、僕は、長野の講演で言ったように、Identify(確認する)ではなく、On(乗っかる)だろうと。
d0047811_1935515.jpg

さらに、武雄に戻る途中、飛行機の中でいろいろ考えていたら、僕自身、大震災以降、「共感する」の前に、例えば、「自分」自身が、「何かしたい」「共感したい」という動的な気持ちになっています。

そういう動的な気持ちを一言で言えば、僕は、Iだと。Iは、自分のIと入っていく意味でIN。

そうしたら、

I = I & In(自分が中に)
S = Sympathize(共感する)
O = On(乗っかる)
P = Participate(参加する)
S = Share & Spread(共有・拡散する)

かなあと。


そう、iSops(イソップス)です。静的なさとなおさんのモデルに、動的な視点を加えてみました。もともと、さとなおさんのモデルを教えてくださったのは、杉山隆志さん。そして、杉山さんと議論の上、この新しいモデルに到達しました。

生まれて初めて、今の武雄STYLEをモデルとして表現してみました。いろんなご意見を頂ければと思います。
by fromhotelhibiscus | 2012-04-29 19:38
<< 5月3日・4日は高槻ジャズストリート 御船山楽園 >>