前田国土交通大臣は辞めるべきだ。しかし、原口さんも・・

前田国土交通大臣が「16日にも進退 公選法違反疑惑 民主からも辞任論」と。そんなに大きなニュースではないけど、これは問題。岐阜県下呂市長選で特定候補に対する事実上の支援を要請する文書を建設業団体幹部に郵送。建設業団体というのが問題で、これは、所管の国土交通大臣の地位利用と捉えられても仕方が無い。

自民党が参議院に問責決議案を出すと、また、バカなことを言っています(参議院を政争の場にしてはいけません。)が、その前に、今の内閣の弱体化振りからすると、この大臣は辞めざるを得ないと思います。

しかし、この手の話は前にもありました。それは、ちょうど、2年前の武雄市長選。そう僕が当事者です。複数の関係者、マスコミから聞きましたが、武雄市に講演にお見えになった当時の石破茂自民党政調会長の講演で、「石破さんこそ、次の総理だ!」とたった200人の前で僕が言ったことに、大串代議士を始めとする民主党佐賀県連が猛反発して、僕の対立候補を応援するとしたもの。

ま、ここまではよくある話ですがね、ここからが問題。地方自治を所管する、交付税交付金を流す立場にある当時の総務大臣である原口一博さん、そう風見鶏さんが、あろうことか、一地方の市長選に介入して、何度も、武雄市に乗り込み、僕の対立候補を派手に応援していたこと。ま、本人の希望に反して、30人くらいしか集まらなかったそうですが、前田大臣の文書問題よりも僕は悪質だと思う。国務大臣は国政に専念すべき。地方に来て、選挙を応援したり、テレビに出ている場合じゃない。

これは僕は絶対に許してはいない。もし、僕に応援しに来るってなっても、僕は断っていたはずです。そう、国が地方に介入してはならないし、僕はこの指止まれの自分党だから。

異論反論あったら、大串さん、原口さん、ぜひ、教えてくださいね。

民主党は一事が万事、そんな気がしていますが、皆さんはどうお考えですか。
d0047811_23302754.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-04-16 23:34
<< 「ずれ」大好き 今日で就任6年。 >>