支離滅裂→鳩山さん

鳩山元総理のイラン訪問。僕は外交にタッチしている立場でありませんので、あくまでも報道や外務省、国会議員の知人ベースの話をもとにしているんですが、あえて言うと、この人はヘン。

何度もこのBlogで書きましたが、私もその一端かかわった普天間基地移設をぶち壊し、挙げ句の果ては、同盟国であるアメリカとの信頼関係は地に堕ちました。もちろん、アメリカ側が何でもかんでも正しいことを言っている訳じゃありませんが、それでも、普天間基地移設は、僕が知る限り、アメリカ側でも、日本側の意をくんで、針に糸を通す作業を何度もしてくれたのは間違いない。アメリカは疑念を持ち、韓国や中国は日本のリーダーシップに懸念を持つ「東アジア共同体」構想。

その鳩山さん。民主党は、この御仁を外交担当の最高顧問に。さすがに総理も前原政調会長も、イラン行きは止めたそうですが、どこ吹く風。

間違いなく喜んでいるのは、イラン。何もせずして、イランの正当性(イランの核開発は平和利用が目的であり、その権利を放棄することは決してない。)をメディアに、しかも、全世界のメディアに報じられる。

鳩山さん、あなたね、もし一国の核開発を止めることが目的ならば、核開発に余念がない、お隣の中国や北朝鮮に行くべきじゃないの?

または、あなたが嫌いなアメリカに行って、核廃止と言うのであれば、少なくとも、今まであなたが論じてきた、脱アメリカ、東アジア共同体なるものには、適合性があると思うんですが。

こんなことをやっているから、ますます、国民の政治離れにつながっていくと思う。頼むから、冗談はご自身の引退や改名だけにしてください。
d0047811_18545883.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-04-08 18:55
<< できるところがやろうよ。 【書評】小さく賭けろ!―世界を... >>