孫社長、電田構想。

さすが、孫ソフトバンク社長。

今度は、休耕田での太陽光発電ときました。しかもネーミングがふるってる。「電田」、でんでんですよ、でんでん。ニュースはこちら

何でも今日の原発問題をテーマにした参院行政監視委員会に参考人として出席され、提唱とのことで、僕はそのとき、震災復旧のためのクローズ講演をやっていたので、全く知らず。終わったら、知事や国会議員から携帯がパンパンになるほどメールや留守電。これはタダゴトではないと思って、即座にネットのニュースを見たら、「電田」ありました。

すぐさま、留守番の山田秘書官に電話して、休耕田のヘクタール数、5ヘクタール程度の一団(まとまった、という意味)の土地の数をまとめるように依頼。その結果、休耕田のヘクタール数は大体70ヘクタールという数字が来たんですが、それ以上に、衝撃的なインパクトがあったのは、

なんと、一団の土地で100ヘクタールありますよ、

というもの。それどこじゃいって聞いたら、昔のみかん畑。今は耕作放棄地。ここは南向きの斜面、水はけ良し、送電線や変電所に近い、というもの。


それで、早速、僕のツイートに、

孫社長 @masason の休耕田や耕作放棄地に発電パネルを設置して自然エネルギー(太陽光発電)を確保する「電田構想」に全面的に賛成。武雄市は名乗りを上げます!。耕作放棄地の他に、放棄果樹園(これは南向き、一団の土地、武雄市では100ヘクタール)もあります。

と書いたら、


嬉しいですね、すぐさま、被災地ボランティアにも一緒に行った吉川里己市議会議員のツイート

日本の武雄モデルをぜひ☆朝日町にもあるよRT @hiwa1118: 孫社長 @masasonの休耕田や耕作放棄地に発電パネルを設置して自然エネルギー太陽光発電を確保する「電田構想」に全面的賛成。武雄市は名乗り上げます!

と。


そしたら、あの孫社長のツイート

流石、樋渡市長! RT @hiwa1118: 孫社長 の休耕田や耕作放棄地に発電パネルを設置して太陽光発電する「電田構想」に全面的賛成。武雄市は名乗りを上げます!耕作放棄地の他に、放棄果樹園(100ヘクタール)

と来ました。そこから私のツイートはパンク状態。すみません、落ち着いたらまた拝見します。

僕は、電力供給というのは、いろんな選択肢がなければいけないと思う。さらには、今あるものを活かす、という意味でも、耕作放棄地を活用するというのは、次世代を見据えた中でも、極めて意味のあることだと思う。

ということで、武雄市として、電田構想に名乗りを上げたいと思います。
d0047811_22432379.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-05-23 22:44
<< 国土交通省と大災害時の応援に関... 自問自答の旅から戻ってきました。 >>