【報告】救援物資輸送車が出発しました

d0047811_14261097.jpg

正午、東北地方太平洋沖地震災害救援物資を積んだ輸送車が武雄市役所を出発しました。

この輸送は、宮城県庁の要請に基づき行われるもので、武雄市が水害等の災害を想定して備蓄していたアルファ米(水やお湯を入れると食べられるご飯)やおかゆ、飲料水などが積み込まれています。

宮城県庁の要請があったのが、昨日の15時40分。そして、今日正午に出発という形にもっていけたのは、肥前通運さんのおかげです。

私からは、以下の挨拶。

今朝の新聞やニュース、ツイッター、フェイスブック、ありとあらゆる情報で、今一番必要とされているのは食料、なかんずく、お米と水です。今一番、お困りになっている物資を迅速かつ強力に提供することこそが、自治体の役割であり、使命であります。

そのような中、議会の理解を得て、いち早く、救援物資を運ぶことになりました。今日は東北までのドライバーもお二人お見えです。くれぐれもお気をつけて、武雄市民の思いを伝えてください。なお、この支援が最初で最後ではありません。第2弾、第3弾とお送りします。

最後に、同じ日本国民として何ができるか、そのことが私たちに鋭く問われていると思います。祈りをかたちに。引き続き、よろしくお願いします。

d0047811_1427099.jpg


早く、届いてほしい。私たちの思いが。
d0047811_14261320.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-03-14 14:27
<< 大震災とツイッター 【お礼】2日間の募金活動で12... >>