ツイッターが結んだ縁/ツイッター市民だ!

今日の日経ビジネスオンラインも、良かったね。

最初は、僕と噂のツイッター県議稲富さん

2回目は、武雄市役所の職員である大野さん、上田さん、福田さん


そして、3回目は、いよいよ、ツイッター市民である、これまた噂の武雄バーガーの中村武さん、武雄タクシーの太田幹男さん、武雄温泉物産館の藤井典子さん、ヨガを教える中村直子さん
d0047811_8565915.jpg

みんなの魅力的な生き方がツイッターという道具を使って、さらに、魅力の輪、共感の輪が広がっている。武雄って、本当にいいところだなって思う。つながる一端にもなってるし、つながる中心かもしれない。取材協力して頂いた皆さん、感謝します。
d0047811_856585.jpg

それと、記事を丹念に読むと、あることに気付く。市長(首長)である僕には2つの役割があるということ。一つは、情報発信って、どこの地域、企業、組織の話をしてもその重要性はいろいろ言われるんだけど、であれば、トップは、人の100倍は発信すべきだということ。それと、もっと大切なことは、市民の情報発信の線を太くすること。これができるのも、ツイッターのRT(リツイート)機能あればこそ。
d0047811_8564096.jpg
d0047811_8563994.jpg

重ねて、こんな良い記事を書いてくださったライターの片瀬京子さんには心から感謝します。
by fromhotelhibiscus | 2011-03-09 08:58
<< 啓新通信、書こうかな。 民主党に告ぐ。 >>