木村俊昭企画官、北海道知事選に出馬!

注目している人の一人に、スーパー公務員の木村俊昭さんがいます。こんな人。

木村氏は遠軽町出身。1984年に小樽市役所に入り、企画政策室などで勤務した後、2006年4月から内閣府などに出向した。10年4月に同市役所に一度戻ったが退職。この間の地域活性化に果たした手腕が評価され、同年6月、農水省に採用された。地方公務員から官僚に転身した異例の経歴も注目され、「スーパー公務員」とも呼ばれている。

3年前くらいかな、当時木村さんがいた内閣府で僕が講演をした時、意気投合し、いろいろ教えていただきますが、とにかくスゴいのが、回遊魚のように全国を動き回り、人の話に耳を傾けること。メールの速さ、量も僕が知る限り、日本一。この本を読んで頂ければ、彼の人となりがよく分かります。NHKのプロフェッショナルに出たり、最近では、年末の新報道2001MAXで一緒に出演しました。

今日、北海道に住む知人に電話したら、木村さん出るそうだよ!と。えっ!何に、まさか北海道知事選?って聞いたら、そうなんだとのこと。まだ確定ではないようですが、もし出られたら、北海道の皆さん、よろしくお願いします。新聞にはこんな感じ


そういえば、何も知らない僕は、新報道2001MAX出演後、楽屋で溝畑観光庁長官と木村さんと話していたとき、二人とも、「やっぱこれからは首長だよね、首長って言ってました。首長ほど、地域の応援団長はいない」と力説。

僕は、つい、木村さんに、「木村さんは、知事向き、市長向き。今度、北海道知事選あるそうですよね、知事選に出たら、僕は応援する。」と発言。発言の後、微妙な沈黙が漂いましたが、木村さんの内面、周りでいろんな動きがあったんでしょうね。


名前は挙げませんが、木村さんと僕をよく知るジャーナリストは、「木村君と樋渡君は、手法も考え方も水と油。ボトムアップとトップダウン。理性と感情。根回しと電光石火。どちらも、染まらないで、自分の色を出して欲しい。」と語ってました。

木村さん、頑張れ!!

木村さんのような人間が知事になったら、北海道、地域は変わるよ。応援する。
d0047811_23372978.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-01-06 23:38
<< 旅に出ろ、本を読め、人に会え 前原大臣、そりゃおかしいぞ。 >>