なんか、おかしいぞ、日本

d0047811_23315799.jpg

今日は、午後、霞が関で公務が終わって、夜から、三鷹市で武雄市政&ツイッターの講演。満員でびっくり。三重県からもお越しになってました。こんな感じでした。武雄市西川登町にルーツのある古川あづささんには、講演のきっかけから何から何まで、とってもお世話になりました。


そうそう、尖閣諸島の報道で何かおかしいなと思ってました。やっと分かった。もともと、中国がおかしいことやっているのに、そんなのはそっちのけで、ほら、民主党内でも内紛状態。鳩ぽっぽさんなんかは最低。そんなにあちからの国のトップにパイプがあるなら、自分が使えって。自分(鳩)がホットラインを作ったはずなのに、菅総理が使わないのが問題と言ってましたが、よくこんな人が一国の宰相を務めていたもんだと思います。

自民党は自民党で、こっちも中が割れているのに、非難のオンパレード。これじゃ、与党には復帰できません。キッシンジャーは、名著「外交」で、国益重視のバランス・オブ・パワー論を回りくどい文章で書いてますが、日本の国益を考えれば、国内で国益の一致がなければ話にならない、すなわち、強国との間でのバランス・オブ・パワーにはおぼつかない、と思います。

私は、中国と日本との間でこじれたものはもう仕方がない、現に起きたものだからと観念して、これから、日本は中国に対して、どう応対するか、これに尽きると思います。今、国論が割れて、菅民主党が漂流しかかっていますが、この状態を喜ぶのはいったい誰でしょうか。マスコミも、冷静に、政治介入など内輪のことばかりかかずに、日本の国益をはかるためにはどうすればいいのか、未来志向の論調で書くべきと思います。

今は、タイタニックと化した日本丸の中で、乗客同士、あるいは、舵取りをする乗客員が殴り合いをしているような気がしています。少なくとも、日本は国難のとき。日本の国益を守るためには、立場を超え、意見の一致を見るべきだと思います。

もう、同じ日本人、非難し合うのはやめよう。みんなでこの危機を乗り越えていこう。みんなでこの国を良くしていこう。

僕は日本のなすべきことは、言うべきことはあらゆる機会を通じて、外に向かって、しっかり言う、それが基本だと考えています。
by fromhotelhibiscus | 2010-09-27 23:59
<< 「にっぽんの温泉100選」中間... 山内保育園、北方町高野地区敬老... >>