山﨑氏、市最高情報アドバイザーへ

今朝は、まず武雄中学校にて、中川恵一先生(武雄市政アドバイザー)の講演。本来、がんに縁遠い中学生が、先生の話に引き込まれていました。中学時代に、僕もそんな講演を聞いていたら、人生が変わっていたかもしれません。
d0047811_2230162.jpg
d0047811_22301696.jpg
d0047811_22305732.jpg

その後、市役所にて、武雄市最高情報アドバイザー委嘱状交付式。最高情報アドバイザーをお引受いただいた山崎耕史(やまさきこうし)氏は、武雄市内で長年ソフトウェア開発会社を経営され、地域の情報通信分野において幅広く活躍されてこられました。

山﨑さんとは、なぜか、東京でばったり会うことが多くて、そのご高名は、いたるところで聞いていましたが、ダメモトで、しかも、無給!で、最高情報アドバイザーを引き受けていただけないかと、打診したところ、心良くOKでした。逆に何でOKなんですか?って聞いたら、「武雄や佐賀に恩返しをしたい。」とのことでした。

今後は、iPadのアプリ作成を含めて「稼ぐ市役所」つくりを目指して、いろんなことを教えて頂きます。稼ぐことによって、その財源を、福祉に振り向けていきたいと思っています。なにせ、私は、平野・江原共産党コンビの主導による法外な住民訴訟を受けて、その訴訟費用で1億3千万円かかってしまう(→市民負担)わけですから。
d0047811_22302548.jpg


昨日、こんなメールを頂きました。すべて、ご本人の許可をとっています。がん撲滅推進をやって良かったと心底思ったメールでした。また、ブログやツイッターを通じた武雄市民の皆さんとの交流。濱野さん、市民の皆さんに多謝!!

濱野さん、心から応援しています。

樋渡市長さま

失礼します。初めてメールさせていただきます。私は佐賀市に住んでおります、濱野と申します。

今日の「がん撲滅推進講演会」を拝見させていただきましたが、11月の「がん撲滅推進市民大会」を上回る位に「来て良かった!」と感じました。それは、「がん」に対する武雄市民の皆さんの「関心の高さ」と、このような企画を進められている市長さんや市職員の皆さんの想いが凄いなぁと感じております。

今回もそうですが、「がん」を無くす最初の一歩は、「がん」に罹らない事。そして、もし「がん」に罹っても早期に発見できるようにする事が大切です。その手段が、「生活習慣の改善」や「がん検診率の向上」になるのですね。そんな私も昨年の健康診断で「がん」が見つかり、今月でがん摘出手術後ちょうど1年になろうとしています。まだまだ、「再発・転移」の不安はありますが、11月の市民大会と今日の講演会で再度、感動と勇気を
頂きましたので、これからも「がん」に負けないで頑張ろうと感じた次第です。

市長さん、そして市職員の皆さん、これからも頑張って下さい。ありがとうございました。


話は変わりますが、武雄市はブログを通じて、風竿さんや山光さんそして、Dear Johnのマスターさんと繋がり
が出来て、お世話になっております。これから時々、武雄にお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。

突然のメールで失礼しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   濱野  文一(ハマノ フミカズ)
      
       E-mail PXW06103@nifty.com
       ブログ  http://blog.goo.ne.jp/hama812951
       Twitter http://twitter.com/hama812

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by fromhotelhibiscus | 2010-07-05 22:32
<< 共栄さんからiMacの寄贈 中川恵一先生、武雄市市政アドバ... >>