当たりの本!

今日は帰るまで読書。↓はもう話題になっているようで、図書館から借りたのですが、大当たり。僕は組織論とか経営論とか、大学の講義で出てくるようなのはあまりなじめないのですが、さすが突き抜けた経営者は違います。傾きかけた伊藤忠が不死鳥のごとく甦ったのがよく分かりました。

「経営は論理と気合だ!」、「クリーン、オネスト、ビューティフル」、「声なきは、会社に対する反逆である」、「十年後、役員の半分は女性とノン・ジャパニーズにする。」など社員に対する魅力的なフレーズとともに、丹羽さんが重視したのはトップと社員との対話。理事者や僕を思い浮かべながら読みました(苦笑)。
d0047811_17312031.jpg


あと、雑誌の「和楽」はこれまたすごくいいです。半年ほど悩みましたが、2年間の定期購読にしました。
d0047811_20591266.jpg


最後に、瀧田さん、トウモロコシ、ありがとうございました。これから湯がいて食べてみます!!
by fromhotelhibiscus | 2005-06-26 18:43 | まちづくり
<< 僕の頂いたトウモロコシはこれ!です。 岡山から帰りました >>